食品の梱包

食品の梱包には、5 つの要素があります。「包含」- 小分け、小さいアイテムをまとめる。例えば缶、瓶、ボトル、袋、真空トレイなど。「保護」- 腐敗、漏れ、破れ、脱水、汚染、盗難および異物混入を防ぐ。物理的保護 – 衝撃、振動、圧迫、温度などから保護。バリア保護 – 酸素、水蒸気、埃、バクテリアなどに対するバリア。• 「情報提供」 – 製品を特定する、使用方法または調理方法を説明する、誤用による危険について警告する、成分を一覧表示する、栄養データや価格を提示するなど。「販売促進」 – 例えばブランド、色、イラストや形を利用して類似製品との差別化を図ったり、小売およびスーパーマーケットといった販路で注意を引きつけたりするマーケティングツール。「輸送」 – 製品を製造業者から倉庫および小売業者や消費者に簡単かつ安全に移動させる。

梱包に記載された販売促進は広告より効果的

食品小売ビジネスは、そのほとんどすべてが小規模の食料雑貨店、肉屋および他の専門店から、セルフサービスのスーパーマーケットに移行し、梱包を介して消費者に製品を知らせたり売ったりするというニーズは格段に高まってきました。 

標準的なスーパーマーケットでは約 10,000 品目の商品が扱われているため、その他の多数の中で目立つことは至難の業です。調査によると、梱包への投資は、従来型の広告よりも見返りが大きいことが分かってきました。 

加工食品のトレンド:

  • 健康 (栄養、低脂肪、無糖、など)
  • ノベルティ (海外製品および最新流行の製品)
  • ライフスタイル (フルコース、加熱準備ができているもの)
  • 社会経済 (景気後退、人口増加)
  • 再調理 (フライ、オーブン、電子レンジ)
  • コスト効率 

梱包デザインに影響を与えるトレンド:

  • 便利さ (ジッパー付き、開けやすい、1 人前の分量)
  • 経済的 (徳用サイズ、さまざまな量)
  • マーケティング (可視性、独自性)
  • ラベル付け (内容、使用法、法令)
  • リサイクル (削減、再利用可能、再生利用可能)