空調とチルド

ますます多様化するインスタント食品の増加は、高まりつつある冷蔵の条件へ影響を与え、同様に省エネルギー化は以前にも増して重要になってきています。高度な冷蔵技術により、製品の保管と配送における省エネの可能性を高めることができます。

エネルギー効率の良い保管と配送

製品の製造が完了したとしても、慎重に考えられるべき冷蔵の要望が完了したわけではありません。それどころか、さらに大規模な製品ラインナップでは、保管および配送分野がこれまで以上に重要になってきています。Johma Salades b.v. 社– オランダ最大の惣菜品、サラダおよびサンドウィッチの生産企業 – において、GEA は 3 つの冷蔵保管室を最新のものにしました。R22 冷媒をベースにした既存のシステムでは、必要とされる 2 °C (35.6 °F) の室温を実現できなくなっていました。当社のエンジニアは、お客様の要望に基づき、集中冷却システムに接続できる集中アンモニアポンプを設置しました。このポンプに加え、コンプレッサ、インバータ式モータ、油分離器、空気冷却器、高圧フロートバルブ、アンモニア分離器、蒸発器といった設備も新たに設置しました。

ガスセンサと換気システムを含むこの設備は、冷温貯蔵室の真後ろにある、隔離された機械室に設置されました。配管システムは鋼製で、ポリイソシアヌレート (PIR) 硬質フォームとアルミニウムで保温されています。この配管システムは高圧に耐え、漏出テスト済みです。空気冷却機は低温貯蔵室に設置されました。製品は、機械室の同じ側に配置された、自然除霜空気冷却器により冷却されます。

他の優れた例としては、英国で人気のあるスーパーマーケットチェーンのセインズベリーがあります。セインズベリーは英国のパインハムに新しい配送センターを作りました。この複合倉庫は、新鮮な果物と野菜を 49,000 m² を超えるフロアスペースに保管しており、それらの価値は約 5000 万ユーロになります。この高度な物流センターを起点に、セインズベリーは地域にある 100 店のスーパーマーケットに配送を行っています。セインズベリーでは、二酸化炭素削減のアイデアを思いつきました。たとえば、セインズベリーは配送センターに通じる道路に重量システムを設置しました。このシステムの上を車両がゆっくり通過すると、重量システムを動かし、複合倉庫の電源を発生させます。

GEA は、この複合倉庫向けの冷凍システム全般を開発しました。このシステムでは高速冷却保存で 1.5 °C (34.7 °F)、製品倉庫で 8 °C (46.4 °F) の温度を保ちます。このスーパーマーケットチェーンの厳格な環境保護基準を満たすため、オランダの企業 Johma と同様、冷凍システムで効率的な天然の冷媒アンモニアを採用しています。