扱いやすくし優れた分散性を発揮する粉体凝集

GEA は、食品成分向けにさまざまな凝集プラントを提供しています。いずれのプラントも、製品品質、プラント性能、衛生的デザインに関する厳格な業界基準を満たすように設計されています。

どの食品成分も、自動工程内での取り扱いやすさと、最終生成物中での素早い分散を主要要件とします。加工時の素早い分散と溶解を確実に生じさせることで、凝集によって、噴霧乾燥機内で生成された微粉が変形して「インスタント」になります。凝集によって、粉体のかさ密度も減って粉体がより簡単に流動するようになり、粉塵が減るためメンテナンス費とクリーニング費の削減につながります。当社には、製品要件と経済的需要とお客様のプラントのニーズに対応するために、年月をかけて噴霧乾燥と凝集の技術を完成させた実績があります。お客様のニーズに合わせてプラントを設計する際には、当社の製品スペシャリストとプラント設計者がこれらの要素をプロセスに盛り込みます。

一段階凝集

当社の FSD® 噴霧乾燥機は、噴霧乾燥と流動床乾燥を組み合わせて、液体食料から凝集分を作り出し、水中での溶解に備えます。この処理は、必要なレベルの凝集が達成されるまで微粒子を再循環させて、ノズルからの食料噴霧に衝突させることで達成されます。

二段階凝集

単一粒子を生成する従来の噴霧乾燥機から生じた粉体を、特殊凝集プラント内で「インスタント状態にする」ことができます。REWET AGGLOMERATOR® は、噴霧乾燥機の微粉末を、無塵の粗い自由流動性インスタント凝集粉末に変換します。凝集は、希望する最終製品特性に従って、管理環境内で蒸気と結合剤の応用を通じて達成されます。必要な粒径を下回る粒子はふるいの目を通過して粒子供給システムに戻されます。

テスト施設

当社は、製品・工程の開発と検証を行えるテスト施設をお客様にご提供しています。これにより、工程のリスクを削減すると同時に市場投入までの時間を短縮できます。当社は実現可能性の研究を通じて、生成物の凝集が可能かどうかを見極めるお手伝いをいたします。さらに、産業生産工程の試案を作成するために製品サンプルを分析することもできます。パイロットテストを利用すれば、新規または既存の生成物の乾燥や生産工程の最適化に必要な基本設計データが得られます。当社専用の分析研究所では、固形物や粒度分布などの生成物特性を分析できます。

凝集の用途:

  • アミノ酸
  • クエン酸
  • ココナッツミルク
  • 乳化剤
  • 香味料
  • 食品着色料