野菜ベースの飲料: 1 日に 5 回でも飲める!

野菜ベースのスムージーでもエナジードリンクでも、野菜風味の飲料は今や消費者向け製品の主流となっています。 世界中でますます多くの人が、意識してより多くの野菜を食べ、あるいは飲むようになり、飲料業界は健康飲料の高まりに直面してきました。

野菜ベースの飲料は、消費者向けパッケージ商品分野で成長傾向が顕著に表れています。 レストランも、果物ベースおよび野菜ベースの「ノンアルコールカクテル」の需要の増加を目にしてきました。 GEA は、個別の技術からプロセスプラントとシステム全体に至るまで、野菜ジュース業界向けの幅広い技術をご提供します。

当社のデカンタは、迅速で、連続式の低酸化ジュース製造に利用されます。 穏やかで衛生的なプロセスにより、ジュースの栄養素はそのままに、高品質のジュースを高い収率で製造できます。

GEA の逆浸透技術を使用すれば、野菜ジュースおよび果汁を濃縮する際、単効用や多重効用のエバポレータよりもさらに高速でエネルギー効率の高い、効果的な処理を行えます。 蒸発技術と比べると逆浸透は収率と品質が高く省スペースになります。  

当社の膜ろ過技術も同様に、これまでさまざまな野菜ジュースの清澄化と濃縮に利用されています。 真空または加圧ろ過などの従来の分離方式に比べて膜ろ過の優れている点は、色素をロスせず回収できるダイアフィルトレーションを選べることです。