エバポレーション

でんぷんは、炭水化物の中でも最も重要な物質であり、ほとんどすべての植物に含まれています。本質的に、でんぷんと甘味料は、トウモロコシ、小麦、ライ麦、ジャガイモ、タピオカ、米、ライ小麦といった穀物や植物の根から産出されます。

evaporation-dextrose-02

でんぷんの製造中、原料を分解するときにさまざまな処理水が出ます。この処理水と洗浄水には、たんぱく質や炭水化物などの貴重な栄養素が含まれています。

次の製品は、蒸発技術で濃縮が可能です。

  • トウモロコシの処理水
  • 小麦またはライ麦のでんぷん廃液
  • ジャガイモ汁
  • 米のでんぷん廃液

これらの製品には、薄膜降下式と強制循環濃縮機が使用されます。

でんぷん転換製品の生産では、でんぷんの分子が完全または部分的に原成分に加水分解されます。ここで加水分解とは水性懸濁液中の酸と酵素の触媒作用を指します。

次のような最終製品になります。

  • デキストロース
  • グルコース
  • 果糖
  • マルトース
  • マルトデキストリン
  • ソルビトール
  • マンニトール

 これらの製品は、薄膜降下式またはプレート濃縮機で濃縮されます。