再生可能資源の加工における最新の分離技術

GEA は、でんぷん、グルテン、小麦、米、タピオカから、オリーブ、やしの実および大豆まで、さまざまな再生可能資源からの食用油の最新分離技術を提供しています。

でんぷん精製のためのハイブリッド技術

でんぷん最終製品の品質と価値は、粗でんぷんの精製具合によって大部分が決まります。高品質のでんぷんは、残った小さい繊維片、脂質、たんぱく質および溶解物質が効率的に精製されることにより得られます。GEA のノズル分離器と液体遠心分離技術の組み合わせは理想的なソリューションを提供します。お客様は、分離器により生産量を最大化することが可能となり、液体遠心分離装置においては投資および保守のコストが相対的に安価となるという利点があります。

高い生産量、ゼロ廃棄物、水消費の最小化

当社のオリーブ油およびやし油回収のための分離システムにより、貴重な原材料を実質的に余すところなく利用でき、製造業者にとりましては長期的なコスト効率性が寄与されます。10 年前に、水の使用量を削減するシステムを開発するという GEA の思いは、オリーブ油業界で使用される 2 相分離処理の開発につながりました。このプロセスは、特にスペインにおいて新しい基準を設定し、従来の 3 段階処理に比較して、水の消費を 90% 削減しました。この革新的な水の節約につながる技術は、東南アジアのやし油業界にも採用されました。

植物油および脂肪の効率的処理のための分離加工ライン

植物油、バイオ燃料油およびバイオディーゼル油の用途は実にさまざまですが、いずれも厳格な品質基準を満たす必要があります。GEA は、大規模精製所だけでなく、小規模搾油工場に向けた個別の分離ソリューションを幅広く提供しています。当社の高性能遠心分離器は、プレスして抽出した植物油から不要な物質を効率的に除去することで、化学的精製と物理的精製の両方をサポートします。 

油分離の継続的技術革新

GEA の分離器およびデカンタの豊富なラインナップでは、ゴム、遊離脂肪酸、さまざまな加工段階で出る水や溶液を抽出し、高品位の油の生産に役立てられます。当社の技術は、プレス油浄化、脱ガム、中和、脱蝋、精製、分別およびソーダ油さい分割など、植物油加工の複数の段階で使用されます。

植物油および脂肪を食品業界以外の用途で再利用すれば、再生可能資源から新しい製品を作り出す機会を得ることもできます。GEA は、バイオディーゼル油の生産特にエステル交換反応脂肪酸や脂肪アルコールの処理、グリセリン、モノグリセリドおよびジグリセリド、せっけん、およびエポキシ化油の生産向けに効率的で新しい遠心分離技術により、非食品分野も積極的にサポートします。