砂糖、でんぷん、甘味料のクロスフローろ過

GEA の技術は、砂糖、でんぷん、甘味料業界において、生産性の向上と生産コストの削減のためにますます利用されるようになってきました。GEA が開発してきた多くの新しいプロセスは、商業的に受け入れられ、評価を受けております。膜ろ過は、生産者が生産量を伸ばし、コストを削減し、電力や自然資源を効率的に利用でき、特殊な製品を製造できる可能性もあるということで、砂糖、でんぷんおよび甘味料業界で急速に導入されてきています。

砂糖、でんぷんおよび甘味料

先進国における砂糖、でんぷんおよび甘味料業界は、エネルギーを大量に消費し、労働コストも高く、環境に関する要件も厳しいために、長年にわたり困難な状況が続いてきました。この課題に取り組むため、GEA は、エネルギーおよび水の消費を削減しながら、生産量と製品の品質を向上させた膜ろ過のための新しい用途の開発を数多く進めてきました。この開発により、単独で加工用として、または他の確立された技術と併用して使用されたときに、経済面および技術面での優位性を保つことができます。

膜ろ過のための新しい用途

次の用途として見事に商品化が実現し、他の用途としては商品化に準ずる段階または試験的な研究開発の段階となっております。

  • 逆浸透膜ポリッシャ (ROP) によるエバポレータの凝縮水およびその他の廃水の処理は、廃水の排出を改善します。 
  • ナノろ過を使用した色体の除去とイオン交換再生剤からの塩分の回収。 
  • 糖化タンクの液体を浄化し、固体のでんぷん、多糖類およびたんぱく性物質とその他の不純物を精密ろ過で除去。プロセスは、トウモロコシ、小麦、タピオカ、ジャガイモまたはキャッサバといったさまざまなでんぷんの素に由来する甘味料にうまく適用されました。これで回転式真空フィルタでのけいそう土の使用が解消され、製品の品質が格段に良くなりました。 
  • また、精密ろ過は、マルトデキストリンの浄化、D 型グルコースの脱パイロ、D 型グルコースおよび果糖液糖の最終ろ過にも使用されます。 
  • ナノろ過技術を使用した高糖質からの DP1 の分離による D 型グルコースの強化。 
  • 逆浸透は、糖液の濃縮、および一部のケースでは濃縮工程前の予備濃縮用として使用されます。