食品原料のための蒸発濃縮プラント

食品原料と添加物は、食品の風味を保ったり、味や外観を高めるために、また、栄養素の内容や安定性を向上させるために使用されます。

酵母の蒸発濃縮

食品原材料としてのパン種またはその他の種類のイースト菌の生産は、水が必要なプロセスです。この工程からの排水には、高濃度の各種塩分と、溶解および浮遊有機物質が含まれることがあります。GEA の薄膜降下式または強制循環濃縮機は、イースト菌蒸留廃液にある構成物質の濃縮に使用されます。どの種類の蒸発器を使用するのかは、必要とされる濃縮比、蒸発比、加熱タイプまたは熱回収システム、および蒸留廃液の粘度とファウリング特性によって異なります。薄膜降下式濃縮機は、通常、最大約 100 cP の低粘度で、蒸発比が大きい場合に使用されます。強制循環濃縮機は、より広い濃縮範囲に使用され、さらに高い粘度またはファウリングしやすい液の処理に適しています。

ペクチン

ペクチン抽出物は、レモン、またはリンゴの皮から得られます。抽出物は、機械的蒸気再圧縮機で加熱される GEA の薄膜降下式濃縮機プラントを使用すれば濃縮できます。このシステムは、省エネ運転と小型デザインが特長です。当社の薄膜降下式濃縮機は、製造過程で出た蒸留廃液の処理にも利用され、  このような用途では、薄膜降下式濃縮機プラントは、濃縮されたペクチン抽出物を沈殿させるために使用される、IPA アルコールの蒸留 (精留) からの蒸気で直接加熱されます。

GEA の専門研究開発センターと試験プラントは、蒸発濃縮技術を含むさまざまな現場工程でのプロセス革新の開発および評価に重点を置いています。当社は、お客様と協力して、技術的専門知識とプロセスに関する専門知識を開拓し、それぞれの食品成分または生産加工に最適な濃縮システムを設計します。