流動床による食品成分の乾燥および加工

GEA では、厳しい食品加工規制に準拠し、安全性とプラント性能の最高水準に適合する流動床間送付¥プラントを設計しています。幅広い流動床設計を提供しており、製品構成と製品特性に関する要件に最適操作で適合するように、お客様とともに各プラントを構成しています。

VIBRO FLUIDIZER 1200x675w

水分を希望する量にするために、流動床乾燥を使って、粉末化された材料から残留揮発性物質(通常は水)を蒸発させます。 粉末に暖気の形でエネルギーを加えて多孔板を通過させ、粉末粒子を流動化させます。 流動床乾燥は、平均粒径が70ミクロン~2 mmの粉末、顆粒、塊、小球に適しています。製品特性を維持する必要がある食品用途には理想的です。

流動床技術は GEA の中核技術です。 食品と食品成分への応用向けに、小規模プラントから工業サイズのプラントまで、複数のタイプの流動床ユニットを提供しています。 流動床は、連続工程向けに設計されており、乾燥媒体として空気、チッソまたは不活性ガスを使用する開放・閉鎖サイクル工程での粉末加工に利用できます。当社の流動床は高熱効率を重視して設計されており、バックミックスセクションと栓流セクションにより、最適化された乾燥プロファイルを実現します。GEA 流動床はすべて、食品産業向けの厳格な基準と規制を満たしています。流動床は、プロセスのダウンタイムを短縮できる効率的な高速クリーニングを確実に実施できるように設計された統合定置洗浄システムとともにお届けできます。

振動流動床と固定流動床

振動流動床は生成物の最適な加工状態と移送を実現でき、流体化が難しい生成物にも対応しています。VIBRO-FLUIDIZER® は、噴霧乾燥プロセスの最終段階として、乾燥または冷却の後で使用されることがよくありますが、粉末の乾燥、冷却、除塵、または凝集を行うための個別ユニットとして稼動させることもできます。

CONTACT FLUIDIZER™ は固定流動床です。主な特長として、空気利用の最適化と狭い設置面積が挙げられます。設計上、流動粉末層に沈められた発熱パネルは特徴的です。このパネルから生じる熱を流動ガスを通じて粉末まで届けるという、非常に効率的な方法を採用しています。

テストセンター

食品成分製品を市場に投入する前に安全で再現可能な生産に対する自信を高めるために、当社の専用テストセンターを利用すれば、小規模な実現可能性試験や工程と製品の検証を実施した上でより大きな規模の生産に着手することができます。

応用例:

  • ビタミン C
  • 果物・野菜
  • 魚飼料