デリケートな果物のショックフリーズ

香りの良い朝食ロール、ケーキ、あるいはクリームケーキ - 冷凍のパン製品は消費者に好まれていますが、その理由は、簡単に用意できるからです。このような製品には、少量の凍結した水分が含まれ、この水分はすばやく解けるので、消費者は予期せぬ来客があったときにも表面を輝かせることができます。さらに、焼く前の生地を個別に用意することもでき、たとえば薄い層の重なったペストリーでも、グルメの舌を満足させられます。この場合の高い品質には、高性能の冷凍庫が必須です。高性能の冷凍庫なら、製品の表面だけでなく中まですばやく凍結し、そのため細かい結晶構造となって、完璧な形で解けてうまく焼けるのです。

コスト効率の良い、クライオジェニックではないショックフリーズ

Cake

ケーキやトルテの製造では、ベリー類などの果物が重要な役割を果たします。焼きあがった製品の味を実際に高めるためには、ベリー類が熟して香り高い必要がありますが、同時に噛み応えもあり魅力的でなければなりません。高機能の冷凍庫技術なら、甘い果物を食べ頃の状態で保存できます。

GEA の冷凍庫プラントのためのエンジニアリング設計では、おいしい料理の製造に寄与するだけではなく、当然ながら食品衛生に関するあらゆる適切な基準を厳格に順守しています。さらに、当社の冷凍庫は、IQF 品質 (IQF = 個別急速冷凍) を保証し、製パン会社が大量の最高級品質の食品を製造することを可能します。

当社が開発したこのソリューションは、従来型のクライオジェニック凍結よりもはるかに省エネです。ラズベリーなどのデリケートな製品は、衝撃凍結で事前に凍結し、最終的に下流トンネル型冷凍庫で完全に凍結します。さらに、上下に配置されたエアノズルにより高圧で徐々に衝撃凍結が行われ、高度な熱交換を実現します。この段階では、コンベヤベルトは動きません。この手順により、非常に小さい氷の結晶ができます。その結果、果物の細胞構造は解凍時にも大きく損傷を受けることなく、繊細な構造で水分含有量の多い果物でも形が崩れず、クリームトルテの上を飾って目を楽しませることができます。