空調とチルド

ドーナツ生地、クリームまたはチョコレートなど、菓子および製パン製品は、新鮮さ、均一性、質感や外観を保つために、特定の室温で保管する必要があります。さまざまな温度制御の要望に対し、GEA は製菓用途に適した冷却装置、加熱および冷却のための冷凍コンプレッサおよびヒートポンプといったラインナップを提供しています。

適温でのチョコレート管理

Chocolate

チョコレートコーティングの作業では、温度がとりわけ重要です。室温が低すぎると、たとえばビスケットのコーティングは固くなりすぎます。室温が高すぎると、チョコレートが過度に液化するために、ごく薄いコーティングしかできません。

チョコレートコーティング作業のとき、室温を一定に保つには、換気システムが鍵となります。オランダでは、Mars® チョコレートの製造設備は加熱および冷却用の堰を作って設置されました。ステンレススチールの GEA 熱交換器およびすべての関連機器には簡単に手が届き、両側から清掃できます。

別の例として設備の中のパン焼き室が挙げられ、ここでは焼きたての製品を空気で冷やします。製造フロアにおける汚染空気の防止には3 つの排風ファンと、空気の流れの外に取り付けられたモータによって実現可能です。これにより、空気中を漂うクッキーやナッツの細かい粒子をモータが巻き上げることで発生する空気の汚染を防止します。