賞味期限延長のための充填技術

GEA の無菌充填技術は、UHT 牛乳および繰り返し可能な業務用滅菌によるペットボトルや HDPE ボトルに充填される牛乳ベースの飲料の長寿命と、滅菌処理の完全な管理を提供します。

業務用滅菌は、最終製品の賞味期限を延長するように最適化され、かつ安定して貯蔵されるようにパッケージまたは製品環境内の微生物負荷を規定します。酸度の高い(pH≦4.5)および弱酸性(pH > 4.5)の製品の場合、無菌処理は、業務用滅菌を行い、製品品質を維持するために最もコスト効率の良い方法です。
  
GEAは、特に無菌充填において22年の経験を持ち、飲料充填ソリューションに関しては業界をリードするサプライヤーでです。ペットボトルおよび HDPE 容器を用いる、慎重に扱うべき飲料についてFDA認証を受けた、高い信頼性や安全性があり、清潔な充填環境での使用を想定して設計された最先端の冷充填技術を開発しました。
  
GEAの最新のボトル滅菌ソリューションは全体的な適応性を高め、高速ライン対応のECOSpin Zeroと、低速/中速ライン用のModulblocを含み、いづれも湿式PAA滅菌を使用しています。GEA は、ABF (Aseptic Blow Fill: 無菌ブロー充填) による乾式 H2O2 プリフォーム滅菌を提供しています。これは統合された無菌充填機、打栓機、および Whitebloc による乾式 H2O2 ボトル滅菌技術を備えた世界初の無菌ブロー成形器です。
  
さらに、GEA の無菌充填機である bloc は、透明な果肉/繊維を含む製品向けの FX 充填バルブシリーズを装着できます。PX無菌注入機は、製造途中の製品に対して、最大10 mm 3の果肉および/またはシリアル片入り無菌充填剤と組み合わせることができます。GEA の低温無菌充填ソリューションは、牛乳ベースの飲料、UHT/豆乳、および栄養補助食品に適しています。
  
GEA の無菌充填技術の特長は、クラス 100 微生物学的遮断器で、滅菌ゾーンを切り離し、最終製品の滅菌を保証し、リスクを最小限にし、中間の CIP/SIP サイクルなしに 165 時間の製造を可能にします。1995 年に GEA が開発し、現在無菌技術の業界基準になっている環境的遮断器は、外部環境と、無菌充填および打栓処理が行われる管理区域との間に物理的障壁を提供します。
  
業界の増大する需要を満たしている GEA の充填技術は、低温流通体系に適した ESL (Extended Shelf Life: 賞味期限延長) 製品および生乳向けの衛生的充填ソリューションを提供します。