メニュー

充填ライン – 無菌

GEA 無菌ブロー充填システム ABF 2.0

高酸性と低酸性の両方のボトリング処理に適している ABF 2.0 は、無菌ブロー成形モジュールと、無菌充填機およびキャッパーモジュールを兼ね備え、プリフォームとキャップのための過酸化水素ベースの乾式殺菌技術を特徴としています。

ABF 技術を使用すると、異なる保存期間の LA および HA 無菌飲料を同一システムで充填可能

ABF 2.0 は一体型無菌充填機とキャッパーを備えた世界初の回転式無菌ブロー成形機の最新の進化版です。これは、プリフォームがオーブンから出るときに過酸化水素を使用してプリフォームを無菌化し、次いで無菌環境で無菌空気を使用してプリフォームをブロー成形し、この無菌性を充填とキャッピング工程全体を通して維持することを目的として設計されています。

コンセプト

プリフォームはオーブンを出ると直ちに滅菌され、加熱されて熱分布が最適化され、エネルギー消費量と滅菌剤の使用量が最小限に抑えられます。プリフォームの内面および外面は、残留値を最小限に抑え、滅菌レベルを 6-log 減少させる除染性能を達成するために、安定して制御された結露が発生しない工程を使用して気化過酸化水素 (VHP) で処理されます。 

プリフォームは滅菌工程後、あらかじめ滅菌処理されている微生物学的アイソレータ(無菌ブロー成形ホイールがある)に入り、専用 VHP 滅菌システムを含むフィルター回路を介して供給される無菌空気によりブロー成形されます。 

ブロー成形されたばかりの滅菌ボトルは無菌ゾーンを離れることなく、ネックにより無菌送風機から無菌充填モジュールに移送されます。無菌充填機は同じ微生物アイソレーター内に密閉され、クラス 100 無菌空気の過剰圧力により製造中に無菌性が維持されます。充填機モジュールと同様に、ABF 2.0 システム内のキャッパーモジュールは無菌用途向けに特別設計されており、微生物アイソレータ内に完全に密閉されます。

利点:

  • ブローモジュール、充填モジュール、キャッピングモジュールの全自動滅菌。高い効率と再現性を誇る自動プロセスで、オペレーターの介入は不要
  • 製造時に化学物質消費量が少なく、水の消費量はゼロ
  • 容器内の残留 H2O2 を最小限に抑える(<0.5 ppm)
  • 製品の切り替えに要するダウンタイムの制限(3時間の洗浄・滅菌サイクル)
  • 敏感な飲料業界の特定プロトコルに対応する微生物学的検証
  • PoC の認定を受けており、ABF 1.2 FDA 認定アーキテクチャに基づく 

性能

汎用性が高い ABF 2.0 無菌製造システムは、粒子の有無にかかわらず、非常に敏感な高酸飲料と低酸飲料、非炭酸飲料または炭酸飲料を処理することができます。このシステムは、1 つの滅菌段階でキャップとプリフォームのいずれでも滅菌レベル 6-log 減少を実現し、除染を実行することができ、ラインの停止や中間洗浄の必要なしに 165 時間の連続無菌製造を提供します。

キャップとホイルの滅菌のための H2O2 技術

プリフォーム滅菌システムと同様に、ABF 2.0 キャップ滅菌モジュール Sterilcap VHP R も適切な濃度と温度で VHP を使用します。ブロー充填技術によって必要とされる冗長性を保証する回転式キャップバッファーを含む特別適合設計は、すべてのキャップ表面が曝されることを確実にし、いかなる「シャドー」領域も防止し、キャップ変形のリスクを回避します。

キャップ殺菌モジュールを使用して、スポーツキャップとフラットキャップの両方を処理することが可能です。機械的な介入なしに無菌性を失うことなく素早い切り替えを行うことを可能にする ABF 2.0ソリューションは、Sterilfoil VHP L技術でアルミホイル蓋を処理する際に最大限の柔軟性を提供します。

GEA 無菌ブロー成型機は ABF 2.0 システムの不可欠な部分です。これは、過酸化水素の蒸気(VHP)であらかじめ滅菌されているプリフォームを無菌ブロー成形することによって滅菌ボトルを製造する無菌ブロー成形機です。

滅菌機能を備えた特別仕様の GEA 無菌ブロー成型機は、充填処理とキャッピング処理が行われる無菌ゾーンと同じ無菌ゾーンに配置します。完全滅菌が可能な設計となっております。

ブロー成形機の無菌設計

無菌ゾーン内部の各コンポーネントは化学物質に耐性があります。送風機の内部表面に対して、泡洗浄と過酸化水素(VHP)蒸気消毒を定期的に行ってください。過酸化水素蒸気は、生産サイクル開始前のエアパイプと延伸ロッドハウジングの処理にも使用します。

環境滅菌プロセスは完全に自動化されており、オペレーターによる手動介入が不要であるため、システムの再汚染のリスクが大幅に低下します。

無菌ブロー成形工程

プリフォームのブロー成形工程は無菌空気により行われますが、これには、空気を滅菌するためのマイクロフィルターと、配管を滅菌するための VHP とを両方使用する必要があります。GEA はこのため、高いレベルの反応性と信頼性を維持し、圧力低下とデッドボリュームを低減させるために滅菌可能な、特許取得のエアブローブロックを開発しました。 

無菌延伸ロッド(特許取得済み)

生産開始前に、無菌プリフォームやボトルに接触するすべての部品を滅菌しておく必要があります。そのため無菌延伸ロッドは必需品です。この GEA システム(特許取得済み)では、VHP で消毒した無菌ハウジング内で延伸ロッドを維持できます。また、無菌ハウジング内部の伸張ロッドに接続された内部磁石と、電気モータによって標準移動システムに接続された外部磁石との間の磁気継手も、延伸段階中にプリフォームが動かなくなると、磁石が自動的に離脱することを可能にします。

関連製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ