CALLIFREEZE® 制御システム

お客様のプロセス自己平衡

CALLIFREEZE® は、食品業界向け GEA の冷凍庫ラインナップ用に GEA が開発した独自の新しい冷凍機制御システムです。この新しいシステムは、食肉、鶏肉、魚、調理済みの食品、ベーカリー製品、乳製品などの様々な食品を扱う冷凍庫に設定することができます。

CALLIFREEZE® は、冷凍庫から出される製品の状態を監視してから、冷凍庫パラメータの自動校正を行って、全ての製品が最適な条件で冷凍されていることを保証します。この制御システムは、食品中の結晶水含量を連続的に監視し、冷凍庫内の製品滞留時間、空気の温度、ファンスピードを自動的に調整して、最低限のエネルギー消費量で正確に必要な凍結レベルを達成することによって、これを実現します。

Callifreeze センサー
製品の凍結性を測定する非接触型センサー技術

製品が求められる凍結度に到達した時点では、引き続き製品を冷却する必要がないだけでなく、それはエネルギーの無駄でもあります。一部の製品は 100% 凍結する必要がありますが、その他の用途では、省エネを最大限推進するため、冷蔵倉庫で製品の「仕上げ」が行われる場合、冷凍庫から出される時点で 80% の凍結レベルが許容されます。しかしながら、これまでは冷却プロセスの連続工程で製品の凍結レベルを確認する方法はありませんでした。CALLIFREEZE® は GEA 独自のセンシング技術を活用して、食品と直接接触することなく、冷凍庫の出口でインラインで凍結レベルを測定します。次いで、本システムは自動的に冷凍機パラメータを調整して、お客様の要件と製品要件に従って完璧な冷凍状態を維持します。

 

製品品質の向上

CALLIFREEZE® は、食品加工業者が最高品質の冷凍食品を製造するお手伝いをさせていただきます。製品凍結性を継続的に監視し、冷凍庫の状態を自動的に調整する機能は、製品が最適な状態で冷凍庫から出されることを保証するので、お客様には、肉の切り身、非常にデリケートなパンや焼き菓子などのベーカリー食品を冷凍する場合でも、最高品質の食品を確信していただけます。

より高い生産能力とエネルギー効率

CALLIFREEZE® は、消費電力を低減し、冷凍機効率を向上させることが証明されています。CALLIFREEZE® を GEA 冷凍庫で動作させた試験では、最大 20% という相当な生産能力の向上を実現する一方、10% のエネルギー消費量の削減も達成しました。

自動冷凍プロセスと冷凍供給の最適化

凍結パラメータと製品品質を最適化することによって、CALLIFREEZE® は、お客様の冷却プロセスおおびそれに関連する運用コストに付加価値を提供します。本システムを GEA の省エネとヒートポンプソリューションと組み合わせると、最大限のメリットが得られます。

CALLIFREEZE® は、GEA S-Tec およびA-Tec スパイラル冷凍庫のオプションとして指定することも、GEA システムおよび OEM システムによる冷凍庫を含む既存のスパイラル冷凍庫に設置することもできます。

連絡先

ご用件をお伺いいたします。