費用集約的な処分に代わる環境に優しい処理

汚染油または廃油の費用集約的な処分の代替策として、GEA は汚染油を精製または油処理プロセスに再生利用する方法を開発しました。お客様に対する利点は、資源を最適に利用できることです。

廃棄物から...

汚染油または廃油は油池に貯蔵されることが多く、油タンク洗浄の過程のフィルタ逆洗プロセスでの漏出や「却下」によって、精製プロセスの産業廃棄物として発生します。これは従来の油処理設備の廃棄物です。それらは油、広範な化学物質、水だけではなく固体の粗粒子や微粒子も含む混合物なので、様々な組成で大きな変動がある場合があります。

... 使用するには

最初のステップは汚染油の予備処理です。この目的で、油温度はプロセス温度にまで引き上げられ、対応する化学物質 (解乳化剤など) が乳剤を分割するために加えられ、その後、特殊ミキサで均質にできるようにします。これはプロセス全体を可能な限り安定させるための重要な面です。混合物の水および固体の含有量が高いかどうか、または、粘度が高いかどうかに関わらず、GEA の高性能デカンタは固体を分離します。3相デカンタとして使用されると、油から水も同時に分離します。当社のデカンタは自動的に、差動を変動する供給条件に適応させ、常に最良の分離効率を提供します。後続の研磨段階で、ディスクタイプ遠心分離器は残留水と極めて微細な粒子を油から分離します。回収された油は、これで標準精製要件に準拠し、さらに処理を行うために通常の原油と混合することができます。

デカンタからの水相の処理は自浄式ディスクタイプ分離器によって行われます。それらは極めて微細な沈殿物を除去し、残留油含有量を許容限度やそれ以下 (通常 15 ppm 以下) にまで低減し、水を「研磨」します。このようにして、既存の環境保護要件を確実に満たすことができ、水は環境に優しい方法で処分することができます。

ATEX 標準に従った爆発防護

ATEX 準拠によるゾーン 2 または 1 用の爆発防護バージョンは、関連するすべてのプロセス段階の最大限の安全性を生み出します。当社のブランケット原則により、危険と分類された製品も引火点を超える温度で確実に加熱、処理することができます。

完全なシステムとモバイルソリューション

汚染油処理の有能なパートナーとして、当社は管理設備全体を含む油および水処理の完全なシステムを提供します。プロセスラインは様々なサイズで入手でき、お客様の特定のニーズに合うようにカスタマイズされます。さらにすべてのユニットは例えばコンテナに設置できるので、携帯用途にも使用できます。