油残留物からの触媒微粒子の回収

原油を燃料として使用するためには、最初に特殊な精製プロセスで処理されなければなりません。そのプロセスの一例が触媒による蒸留です。後続の使用される触媒微粒子の分離で、GEA 分離器は卓越した働きをし、お客様に非常に大きな費用効果を提供します。

二重効用 : エンジン保護と触媒微粒子の再生利用

触媒微粒子は通常、アルミニウムとシリコンの化合物の触媒で、石油や他の燃料を生産する油処理に使用されます。それらは接触分解で使用されますが、ここでは大きな高沸点炭化水素分子が多くの小さな低沸点分子に分解されます。触媒微粒子は極めて研磨を起こしやすいので、精製プロセスの後、油残留物から除去しなければなりません。このように処理されないと、エンジンに深刻な損傷を与える可能性があります。

GEA デカンタと分離器は触媒微粒子の回収でその効率の良さや有効性を実証します。お客様は広範な利益を得られます。触媒が確実に分離されると最終製品の品質が最適化され、それは市場での価格が上昇することを意味します。さらに、回収された触媒微粒子は再生利用し触媒プロセスで直接再利用できます。

タフ、クール、爆発ゾーン向き:GEA の高速遠心分離器

材質、シール、潤滑について:GEA 分離器は最適な方法で高温での運用の構造的な要件を満たしているので、高温での使用に最適です。その耐摩耗、爆発防護設計により、それらは最大限の有効性で最大限の安全性の保証もします。