油田およびガス田の空調を行うロバストで、安全、効率的な圧縮機

砂嵐や最高摂氏 60 ℃ の周囲温度を含む極端な気象条件は、世界の油田およびガス田の掘削装置と生産プラットフォームについて克服すべき課題の数例にすぎません。これらの爆発リスク環境での装置と部品は著しいストレスに耐えるように構築されなければなりません。GEA 圧縮機はこれらの過酷な環境で利用するように設計され、最も厳しい安全基準に準拠しながら確実でエネルギー効率の高い室内空調を提供します。

最も困難な条件におけるロバスト運用

最新技術と最高級の材料を使用して構築された GEA の吸気冷却圧縮機はロバスト設計を特長とし、摂氏 60 ℃ の恒久的な周囲温度に耐えることが試験で証明されています。ロバスト油ポンプ潤滑は耐衝撃性ばね鋼で作られたバルブを特長とする安定したバルブプレート設計と組み合わされています。

強力で、最低限のエネルギー消費

GEA のお客様は保守が容易なロバストで信頼できる技術の利益を得られます。当社の半閉鎖圧縮機は最適な効率性を実証し、著しいコスト優位性を提供します。最適化されたガス流はエネルギー必要量を低減します。当社の設備はまた速度調整能力も装備され、これによって装置が低速で運転されている時にさらにエネルギー使用を低減できます。

爆発リスクにさらされたエリアでの最大限の安全性を保証する ATEX 準拠

爆発リスクエリアでの用途に対して、GEA はゾーン 1 および 2 の ATEX ガイドラインに準拠する圧縮機を提供できます。これらの特殊システムは特殊塗装、すべてのシリンダカバーを監視する熱保護サーモスタット、ATEX 端子箱を特長とします。最適な設計はすべての爆発防護要件を満たし、ユーザの最大限の安全性を保証します。

  • 世界の油田およびガス田における最適な室内空調のための最高の圧縮機技術
  • 十分な油ポンプ潤滑と安定したバルブプレート設計による信頼性とロバスト性
  • 吸気冷却半閉鎖圧縮機が最高摂氏 60 ℃ の周囲温度に耐えることを試験で実証
  • 最適化されたガス流によるエネルギー必要量の低減
  • ATEX 圧縮機 (ゾーン 1 および 2 の使用に認定) は爆発リスクにさらされているエリアでの安全な適用が可能