課題を切り抜ける 2 種類の装置

分離器とデカンタは液体混合物を同時に固体を除去しながら、例えば油と水に分離する遠心分離器です。それらの相はその濃度の違いによって互いに分離できます。これは大きな遠心分離力で、高い分離効率を生み出します。

分離器 : 大きな重力で明確な分離を行う

分離器は最大 10,000 G の垂直ボウル高速遠心分離器で、固体含有物を含む、または含まない液体の浄化と分離に主に適用されます。分離できる最大粒子サイズは、総固体含有量 0.1 ~ 3 % で 0.5 mm です。分離器のスループット能力は 50 ~ 250,000 l/h の範囲で、快適なスペクトルが分離技術のすべてのプロセス段階のユニットに適応します。

当社の分離器の大きな重力のみが、例えば原油と水の間のわずかな濃度の違いを確実で効率的な方法で扱うことができます。それらは例えば生産水の残留油含有量が絶対に 5 ppm を超えないことも保証します。 

デカンタ : 固体含有率が高い場合の主力商品

停止中の固体含有量が高すぎる場合は (最大 60 %)、デカンタを使用します。多くの場合遠心分離器の上流に配置されており、高い浄化効率と最大限の脱水を達成しています。それらはまた、固体の除去と同時に液体の分離を行うためにも採用されています。ここでの不可欠な前提条件は高いボウル速度、巻軸の強力な駆動装置および供給される固体濃度に自動的に順応する巻軸速度です。これらは水平ボウルおよび巻軸と連動し、2 相または 3 相設計になっています。 

GEA デカンタ遠心分離器は、例えば重晶石回収を含む掘削泥の処理や汚染油の処理に利用され、汚染油から発生した油相の回収と再生利用を行うことで利益を増やします。