乳製品加工用プロセスに不可欠な冷却

GEA は、乳製品産業向けに洗練されたプロセス技術を提供する公認のプロバイダであり、その専門知識は産業用冷凍にまで及んでいます。当社の冷却ソリューションの範囲は、標準化されたコンプレッサパッケージからカスタム設計されたシステムおよびターンキー冷却設備にわたります。

乳製品加工向けのプロセスに不可欠な冷却

乳製品の冷却

プロセスの各段階に適切な温度を確保することは、チーズの場合でも粉乳の場合でも製品品質にとって極めて重要です。GEA のインテリジェントプラントおよびコンプレッサ制御システムと非常に効率的なコンプレッサにより、正確な冷却が保証されます。たとえば、ハードチーズの加工中には、特定の温度での特殊な冷却および調整を必要とする 5 つの段階があります。

  1. 牛乳の投入と準備プロセス
  2. 低温殺菌 / サーミゼーション
  3. 水冷およびブライニングプロセス
  4. 熟成プロセス
  5. 保管および流通プロセス

最初の 2 つの段階では、+0.5/1.0 °C の定常流温度の氷水または +2 °C の冷水が必要です。チーズの加圧と熟成中には 6 ~ 10 °C の温度の冷水を提供する必要があります。同時に、熟成と保管用の特殊な部屋は、適切な温度に調節する必要があります。前述のように、3 つの水流は異なる温度にする必要があります。必要とされる製品温度に近い水温に適合させることにより、お客様はエネルギーコストを削減できます。 

エネルギー効率の良い GEA のコンプレッサ

GEA の V シリーズピストンコンプレッサは、特に部分負荷の場合に驚くほどの COP 効率を示すことにより、その付加価値を証明しています。その独自の「インタイム視覚化」保守制御モニタにより、サービスが必要とされるときを正確に示す、すべての主要パラメータへのリアルタイムアクセスが提供されます。この常時監視は、設備の信頼性に良い影響を及ぼし、定期的な保守に要する費用を削減します。自然冷媒の利用によって、エネルギー効率と持続可能性に同時に取り組むことができます。

廃熱の再利用

乳製品冷却プロセスに関して、GEA は産業用ヒートポンプを設置することにより、「地球に優しい」節約にも目を向けています。どのプロセスにおける廃熱を回収し、他のプロセス(低温殺菌、凝固および乳清分離または浄化など)に転用できるのかを特定することで、当社は、お客様が持続可能性目標の達成に向けて努力し、そのプロセスのコストを削減できるよう支援します。GEA の望みは、お客様と協力して、環境に配慮した持続可能な高効率のソリューションをあらゆる要件に合わせて調整することです。