塩素ガス吸収

塩素の製造では、起こり得る故障から生じるものを含め、それによって発生するすべての排出物を回収し、ガス浄化システムに送らなければなりません。従って、吸収プラントが標準設備に必須の部分となります。

一般論として、排出物は 4 つのタイプに区分することができます。

  • 通常の作業において、絶え間なく発生する漏出 (例えば充填プラントで) は除去されます。
  • セルのブロックを開始する時、これらのセルの塩素の全製造量は、それらが実質的に不活性ガスのない塩素を製造するまで吸い上げられ、吸収されなければなりません。
  • 塩素圧縮機または塩素ガス後処理装置が故障すると、製造された塩素ガスの全量は吸収プラントを通して供給されなければなりません。
  • タンクに漏出がある場合、またはパイプや金具が緩い場合、吸収プラントは非常用装置として作動します。

塩素工場での副産物として発生する希釈苛性ソーダはスクラビングプラントでの吸収に使用されます。 

吸収プラントは上記の 4 つのケースのすべてにおいて法律で確立した排出値に準拠するように排気を浄化することを期待されます。 

これはまた、最大レベルの操作安全性を提供しなければなりません。この用途のために GEA は 3 段階の塩素吸収プラントを提供しています。

塩素貯蔵エリア、投薬点、塩素の運搬中での事故に対処するために、非常用スクラビング装置を提供できます。