分離のためのスマートなソリューション

複雑な栄養調整乳の製造には、複数の浄化および分離の工程が必要になる場合があります。数十年の業界のノウハウ、技術、エンジニアリングの専門知識を基に、GEA はさまざまな遠心分離機を開発しており、最適な機能性を確保するように構成していただくことで、損失を最小限に抑えながら迅速かつ完璧な洗浄機能によりダウンタイムを削減できます。

乳脂の脱脂

生乳と乳清は、栄養調整乳製品の基礎原料として使用する前に低温殺菌と乳脂の分離を行う必要があります。生乳には約 4% の脂肪が含まれており、乳脂を分離して無脂肪乳を生成するには、温乳分離工程を使用するか、または冷乳工程を経て実行します。冷乳工程では、脱脂乳をさらに加工して、低温乳などの製品を生成することができます。

当社の MSE/MSI 機器、Ecocream システム、および hyvol® proplus 脂肪分離機シリーズは、分離機能とお客様の工程に合わせたオプションを提供します。当社の分離ソリューションは、生産量を最大限に高め、製品の損失を最小限に抑えるように設計されており、最終製品の要件にかかわらず、加工ライン、生産量、処理量にシームレスに適合するように構成でき、同時に最も厳しい衛生要件も満たします。環境に配慮したコンセプトを基盤にした GEA ソリューションでは、工程の持続可能性を維持しながら、バッチごとに最高品質の分離処理が行われることを確信していただけます。

すべての GEA 分離機には革新的なハイドロソフトシステムが装備されています。ハイドロソフトシステムは、メンテナンスに手間がかかるメカニカルシールを使用せずに設計されており、追加の冷却水を必要とせず、可能な限り低いフィード圧、穏やかな製品取込みおよび低せん断力を組み合わせることで、可能な最大限の分離効率を提供します。

浄化器

生乳品質向上のための浄化

生乳または乳清の品質は、乳製品製造所に到着したらすぐに、浄化段階に通して下流処理および最終製品の品質に影響を与える可能性のある不純物を除去することによって向上することができます。GEA 分離機は、牛乳から細胞や血液などの汚染物質を排除したり、乳清からチーズの微粉を除去したり、牛乳または乳清から搾乳機、乳腺、輸送車両からの泥やほこりを取り除くのに理想的な機器です。

GEA の衛生的で効率的な浄化器は、加工ラインに容易に組み込むことができます。当社システムは、冷乳や温牛での使用に適しており、製品損失を最小限に抑え、タンパク質などの貴重な牛乳成分が廃棄固形物にほとんど浸出しないことを約束します。浄化後に排出されたスラッジはすべて、中和または廃水処理プラントに直接送られ、浄化された牛乳または乳清は加工処理に移行されます。

微生物安全性の確保

すべての栄養調整乳の生産者は、最適な衛生状態と微生物学的安全性を保証する必要があります。そのため、潜在的な汚染微生物を除去するための細菌浄化工程が不可欠です。

最終的には、効果的に微生物制御を行いつつ、牛乳や乳清の手荒な処理はせずに、主要な栄養成分がすべて確実に保持されるような保証をお望みだと思います。当社の細菌分離ソリューションは、微生物を単に不活性化するのではなく、細菌や胞子を製品から物理的に除去します。これは、下流の低温殺菌時の熱処理時間と温度を減らすことと同等と考えることができ、さらに最終製品の栄養価を最大化するのに役立ちます。当社の CSE/CSI およびエコクリアタイプの細菌分離器は、耐熱性細菌や低温殺菌に耐えられる胞子などの微生物を牛乳および乳清から除去するのに適しています。GEA proplus システムを使用して構成された分離機をお選びいただくことで、微生物の効果的な除去と貴重なタンパク質の回収を組み合わせることもできます。