栄養調整粉末乳の処理、搬送、および混合

粉末状栄養調整乳は、乳牛の乳と他のたんぱく質、そして含有脂肪酸、ビタミンとミネラルを含む可能性のある成分との厳密に管理されたのブレンドです。これらの最終製品の多くが、酸素と機械的処理の両方に敏感である可能性があります。GEA は、構造、成分、そして粉末成分の品質を確かなものにし、生産また梱包処理の始めから終りまで最終製品を確実に保つために、各種、多用途の粉末処理ソリューションを開発してきました。

粉末状栄養調整乳は、通常、ある段階で荷下ろしされる 25 kg 容器内に処理され、梱包されます。そして、内容物は搬送され、混合され、小売用の容器に再梱包されます。つまり栄養調整粉末乳は、最終的に消費者用製品として梱包される前に、複数回機械的処理を受ける可能性があることを意味します。GEA は、最終製品が機械的操作によって悪影響を受けないように設計されている、粉末処理および搬送技術のラインナップを開発してきました。

調整気相包装ライン(MAP)向け事前ガス処理システム
調整気相包装ライン(MAP)向け事前ガス処理システム

粉末が分散しない搬送

凝集状態の栄養調整粉末は、特に長距離の輸送と複数回のハンドリング段階が予定されている場合は、粉末の完全な状態と成分を守るために特に慎重なハンドリングと搬送が必要です。GEA の陽圧および真空搬送システムは、これらの粉末の分解を最小限に抑えることを目的としています。当社の搬送ソリューションは、フロー制御システムに、繊細な粉末が乾燥機流動床から仕上げの梱包に至るまで安全に搬送されることを保証する統合ソフトウェアソリューションを組み合わせて構成されています。

粉末状成分の荷下ろし

栄養調整乳は通常、ビタミンとミネラルを含む粉末成分の厳密な分量が中間、またはベース粉乳に加えられて生産されます。これらのベース粉末と粉末成分もまた、通常、25 kg の袋かバルク袋のような中間貯蔵容器内に梱包されます。GEA は、最終粉末製品に組み込まれる前に、これらの中間製品を混合の段階まで取り扱うように設計された搬送システムと連携して荷下ろす、袋、バルク袋、箱を提供しています。当社の専門技術は、搬送および大量混合工程に原材料を送るための完全自動化システムを含む、衛生的で人間工学的 (大容量) 袋処理ソリューションの設計へと拡大しています。

静かな粉末混合

また当社では、幅広い用途の機械的混合技術も提供しています。GEA の粉末ミキサは、少ない粉末劣化と混合プロセスでの高い均質性のある柔軟なプロセスが必要となる粉末製品のために特別に設計されています。 

GEA はトータルソリューションプロバイダとして、粉末搬送、ロスインウェイト式供給および混合技術を完全に統合された管理システムと組み合わせ、栄養調整粉末製造業者向けの最新ソリューションを提供しています。