栄養調整乳の高精度な処理のための膜ろ過

栄養調整乳は、正確な栄養成分と粉末特性を保持して製造され、最高品質の栄養調整乳の処理は、膜ろ過技術を含む、最高品質の液体と成分のハンドリングと処理プラットフォームにかかっています。GEA は、最先端の逆浸透、精密ろ過、限外ろ過、そしてナノろ過システムの設定可能なラインナップ、さらに、新規また既存の栄養調整乳プラントの要件を満たすために特定の目的に合わせることができるソリューションを提供します。当社のお客様は、効率を向上させ、エネルギーと水の消費量を削減し、廃棄物と排出物を最小限に抑える一方で、栄養調整乳の品質、処理とプラント運用を最適にする支援を求め、GEA の事業、技術、そしてエンジニアリングの専門知識を頼りにしてくださいます。

微生物の除去から予備濃縮まで

GEA の精密ろ過技術は、生産者が栄養調整乳の細菌学的最終品質を確かめる際に役立ちます。精密ろ過は、栄養調整乳に使用されるスキムミルクと脱脂粉乳の化学成分を変化させる可能性がある高温を必要とせずに、微生物、細胞、牛乳からの胞子と不純物を物理的に取り除きます。必要とされる正確な成分を保持している栄養調整乳を生産するための乳タンパク質の含有量を最適化するために、限外ろ過牛乳を通して回収された浸透を、牛乳の規格化のために使用することもできます。

精密ろ過プラント
精密ろ過プラント

水回収と洗剤

GEA のろ過技術は、操作と処理の効率を最大化し、コストを削減するのに役立ちます。既存の、または新規の蒸発プラントから上流の GEA 逆浸透システムを設置すると、蒸発前に牛乳または乳清から水を取り除くことで、栄養調整乳生産において著しいコスト削減につながります。このアプローチによって、幾つかのエバポレータシステムの能力を劇的に増加させることができます。 

逆浸透システムとナノろ過システムは、もとが水だった液体をろ過して取り除きます。この回収された水を他の GEA 逆浸透システムに通すことで浄化すると、プラントの清掃か、水が熱処理か UV 処理をされている場合は直接プロセス水として使用できるようになります。 

プラントと装置の洗浄費用を削減する目的で、定置洗浄システムで使用される洗浄液をろ過するためにナノろ過システムを設置することができます。ナノろ過システムをこの目的で設置すると、水酸化ナトリウムや硝酸のような貴重な洗剤や洗浄剤の有意量を回収することができます。