最適な栄養調整粉末製品のための GEA の蒸発技術

GEA は、さまざまな栄養調整粉末用途のための蒸発システムを提供する世界的リーダーです。当社は、数十年に及ぶ経験により、蒸発と熱処理技術を正しく選択することが最適な製品品質を実現し、栄養調整粉末へ求められる機能的かつ物理的特性を維持するためには重要であることを理解しています。

調整方式とエバポレータ設計

製品が 100 % 還元乾燥成分から調整される場合は、噴霧乾燥の準備が整った 40 ~ 42 % から 50 ~ 55% までの固形含有量を増やすために、より小さなフィニッシャエバポレータのみが必要とされます。 

ベースに生乳を使用して調整されている場合は、通常は、栄養調整粉末製造にはフルスケールのエバポレータのみが必要です。 

どちらの場合でも、さまざまな固体供給と処理速度とは、栄養調整エバポレータプラントの設計と構成は高い柔軟性が求められることを意味します。 

蒸発の間、還元の間に取り込まれた全ての空気は排気され、可能な限り低い閉塞空気含有量で粉末ができます。 

MVR ファン付きエバポレータ
MVR ファン付きエバポレータ

直接接触加熱

短い滞留時間でも、70°C を超える温度は製品特性に大きな影響を与えることはよく知られています。間接加熱器を利用すると多くの場合、管理されていない滞留時間が生じますが、GEA の直接接触装置は製品内の蒸気を直接濃縮することにより瞬時に熱を供給します。 

加熱は再生手順の有無にかかわらず、エネルギーコストや必要とする加熱プロセスに応じて行えます。また、当社のシステムはその製品の正確な時間と温度の組み合わせによる要件を満たすように設計できます。 

 直接接触加熱は酪農業における世界的標準であり、以下の利点があります。

  • 低い濃縮粘度
  • インスタント全脂粉乳の品質向上
  • 低温粉末による細菌特性の改善
  • 中温粉末に合わせた WPNI 値
  • 高温の熱安定性が向上した、耐熱粉末

栄養調整製品の直熱として使用する蒸気は、一般的に、料理用の標準的なものである必要があります。この料理用の蒸気は、リボイラを使用して発生させてください。

栄養調整乳の全種類に合致するために必要とされる供給流量とターンダウンの範囲を実現するために、しばしば、栄養調整エバポレータに対して複数の熱処理システムが必要となります。

適切な蒸発技術の選択

全ての GEA エバポレータシステムは、微生物学的製品品質を制御するために予備加熱と熱処理を提供し、また、エネルギー消費量を削減するように設計されています。 

エバポレータ内の、多くの場合 10 ~ 12 分ほどの短い滞留時間で、以下のような効果が得られます。

  • 製品に対する最小限の熱負荷 
  • 短い起動および停止時間
  • 少ない製品損失
  • 洗浄時間とコストの削減

蒸気と電力の関連コストと必要とされる資本回収によって異なる栄養調整粉末用途への解決策として、MVR と TVR システムの両方を使用することができます。

可変速度駆動で制御される MVR ファンは、一般的に、TVR と比較してより柔軟性があり、より広範囲の動作条件を提供することができます。