牛乳の最大活用

1893 年から乳製品業の強力なパートナーとして、GEA の機械的分離技術は最初から乳製品業向けを特徴とし、浄化、脱脂、細菌除去技術および標準化を含む、生乳加工のための効率的で経済的なソリューションを提供しています。

さまざまな理由から、牛乳は品質を高めるために分離器を利用して浄化する必要があります。予防的衛生措置が整えられますが、農業法人から酪農場に配送される生乳には、乳頭由来の体細胞や血液、搾乳機、牛乳ライン、および搬送車両との接触による空気と泥からの汚染物質などの不要な物質が多数含まれています。
  
浄化器は、温めた牛乳にも冷やした牛乳にも同様に適しており、容易に統合できます。浄化処理の結果として製品が失われることはほとんどありません。また、結果として生じる汚泥は、中和または廃水処理プラントに直接送ることができます。牛乳汚泥の除去の結果として失われるタンパク質などの貴重な乳成分はごくわずかです。

クリームの脱脂

生乳には脂肪分が約 4% 含まれています。無脂肪粉乳を生成するためには、まずクリームを分離する必要があります。温かい牛乳の分離は50〜60℃の温度で、冷たい牛乳の分離は4〜30℃の温度で行います。ですが、GEAはproシステムでこうした両方の加工処理をサポートします。  
  
hyvol® proplus ラインシリーズのクリームスキミング分離機は、製品保護と歩留まりの最大化という新たな基準を打ち立てました。そして、当社のすべての分離機にはハイドロソフトシステムが装備されているため、最低限の供給圧力、静かな製品の取り込み、低せん断力、そして結果として最高の分離効率を保証いたします。 ハイドロソフトシステムは、メンテナンスの手間のかかるメカニカルシールを使用せず、追加の冷却水は不要です。

細菌除去

細菌、酵母、カビ胞子は乳製品に混入する可能性があるため、信頼できる細菌の浄化の重要性がさらに高まります。GEA のソリューションの種類は一段階および二段階の細菌除去プロセスから、牛乳の特殊な細菌特性、チーズ牛乳の目的とする細菌分類、および乳清濃縮の処理までにわたります。これ以外にも、GEA proplusモジュールを備えた分離機を使用して、バクテリアの除去と組み合わせ、固形残留物から貴重なタンパク質を回収できます。

標準化

最新のstandomatシステムにより、GEAは乳脂肪から乳タンパク質への標準化された単位を提供できます。このシステムは、製造工程中に定義された仕様について定期的に測定し、調整を行います。資源の利用を最適化するために、制限値が正確に維持されるため、定期的なサンプリングが必要なくなり、ラボでのチェックも最小限で済みます。利用される柔軟性のある光学的プロセスは、消費者向け牛乳、標準化されたチーズ牛乳、ヨーグルト製品、標準化されたクリーム製品、再結合された乳製品、および練乳やコーヒーミルクに応用できます。 
  
dairysmartにより、GEAはホットミルク/ホエースキミング、ミルククリーニング、クリーム脂肪含有量モニタリング、自動タンク標準化用に設計されたスキッドを提供します。中小規模のチーズ工場や酪農場用に設計された、スマートで適応力の高い、製品処理のための高性能の生産キットとGEAの新しいIO制御システムを組み合わせて牛乳と乳清のecocreamスキミング分離機を組成します。