液体乳製品向け多機能膜ろ過

GEA の膜ろ過技術は、搬送前に飲用牛乳を濃縮し、牛乳の炭水化物含量を減らし、ESL (Extended Shelf Life: 賞味期限延長) 牛乳の製造で細菌を除去するために、牛乳加工業で広く利用されています。

牛乳の濃縮

逆浸透は、液体牛乳から水分を取り除き、その量を減らすことにより、搬送コストを削減するために利用されます。大規模な酪農場の付近に配置される膜ろ過プラントは、牛乳を 45% の全固形分まで濃縮できます。この水準の濃縮は、蒸発により達成されるものと同等ですが、逆浸透は加熱を必要としないため、味に影響が及ぶことはありません。

炭水化物の削減

限外ろ過は、乳糖不耐症の人や、炭水化物を減らしたカルシウムおよびタンパク質強化ドリンクの製造向けに、飲用牛乳の炭水化物含有量を減らすために利用されます。同様のプロセスを利用して、アイスクリームの乳糖含有量を減らすことができます。これにより、製品の口当たりがなめらかになり、長期貯蔵中の結晶化のリスクが低くなります。 

牛乳が最終的にチーズの製造を目的としているものである場合、酪農家は限外ろ過を利用して、搬送しやすいように飲用牛乳の量を減らし、チーズの製造には必要ですが子牛向けの貴重な食品として利用できる炭水化物を抽出できます。

細菌除去

精密ろ過は、ESL 牛乳の製造で最近を除去するために広く利用されています。