製品の賞味期限と安定性の向上

GEA のホモジナイザの種類は、パイロット版から大規模な完全自動化ユニットにわたり、乳製品業の考えられるニーズのすべてに対応しています。

高圧均質化は、製品品質レベルの標準化のために、19 世紀末に液体乳製品業で最初に利用されました。それ以来、熱処理技術と組み合わせて、製品の賞味期限と安定性を高めるために広範囲に適用され、標準の産業用プロセスになっています。
  
液体乳製品業において、ホモジナイザは多数の製品を正常に準備するためのプロセスラインの不可欠なコンポーネントになっています。それらの設計と機能は徐々に改善されており、衛生要件、無菌処理、統合、自動化、および洗浄可能性に適合するようにカスタマイズされています。均質化は安定性を強化し、賞味期限を伸ばし、味などの特性、濃度、色、口当たり、および機能性を向上させます。