最適な乳清加工用遠心分離器

GEA のさまざまな遠心分離器は、以下のような乳清加工でさまざまな用途のある汎用技術に相当します。• 未加工の乳清とその派生物の脱脂 • 乳清からの細菌除去 • 乳清の脱脂 (dephospholipidation) • 乳清からのカルシウム採取 (decalcium phosphatization) • 乳糖の採取

大規模な酪農場で日常的に GEA の浄化器を利用してチーズ微粒子を乳清から分離します。その後、GEA のデカンタを利用して濃縮物からさらに水分を取り除き、約 40% の乾物を含む自由流動性のあるチーズ塊を作り出します。 次に、この塊を加工チーズにすることができます。

弊社の遠心分離器は、遠心分離構造において最先端となります。 これらの遠心分離器は、連続的に稼働し、最高水準の製品の安全性と効率性を提供します。 遠心分離器の設備は、CIP (cleaning-in-place: 定置洗浄) システムを組み込んで 24 時間体制で稼働できます。

GEA の遠心分離器は、最適な脂肪または微粒子の分離を保証することで、下流装置の処理品質を高めることができます。 これにより、乳清の脱脂の質が向上するため、下流で装置の詰まりが生じる可能性が低くなり、ろ過ユニットの膜の寿命が長くなります。 この有効性は、栄養価の高いチーズ微粒子やラクトアルブミンなどの貴重な成分の回収と調整により、全体的な収益性にも貢献します。 例えば、ラクトアルブミンは、分離器により遠心分離し、噴霧乾燥タワーで乾燥して粉末にすることができます。

GEA の特別に開発されたプロセス

高効率の遠心分離器の提供に加え、GEA は現在の生産プロセスを改善し、革新的な新しいソリューションを開発するための取り組みを続けています。

GEA は乳清精製プロセスとして DPL (dephospholipidation: リン脂質分離) を開発しました。このプロセスはリン脂質とリポタンパク質の両方またはいずれか一方を甘いまたは酸っぱい乳清から分離します。 このプロセスの主な利点は、完全に脱脂された最高品質の乳清の生産です。これにより、最終的にその他の乳清加工手順とその結果得られる最終製品に好影響が及びます。

GEA はさらに、乳清浸透液からカルシウムを採取するための手順として、DCP (decalcium phosphatization: カルシウムリン脂質分離) を開発しました。 DCP プロセスは、カルシウムが貴重な栄養補助食品 (例えば、乳製品、ジュース、またはシリアル) であることもあって、ここ数年でますます重要になっています。その上、リン酸カルシウムの除去により乳清浸透液の品質が向上し、乳清の加熱時に形成されるガラリスの量が少ないため、エバポレータの沈着物も少なくなります。これにより、稼働時間が長くなり、化学物質の CIP サイクルの頻度が減ります。 DCP は最後の灰分も減らします。このことは、その後に乳糖が採取される場合に重要です。

乳糖の採取

プロセス技術に関する GEA の専門知識は、乳糖の効率的な回収を容易にします。 GEA の DCP プロセスをナノろ過と組み合わせた場合、80% という特に高い生産量を達成できます