乳清の精製

乳清とその派生物は、さまざまな乳製品と栄養製品および食品材料において価値ある成分に相当します。微粒子化、低温殺菌、および熱処理などの液体処理技術は、乳糖、WPC (Whey Protein Concentrates: 乳清タンパク質濃縮物)、WPI (Whey Protein Isolate: 乳清タンパク質分離) などの乳清とその派生物の分割、精製、および加工の基本となります。

GEA は、さまざまな用途の乳清加工プラントの設計において数十年の経験があります。 弊社は、乳清とその派生物の完全かつ十分に統合された液体処理ソリューションのために必要な技術とコンポーネントをすべて提供できます。 弊社の技術とソリューションには以下のものがあります。

  乳清の受け入れと貯蔵

  熱処理

  混合とブレンド

  分離

  結晶化

  準備された供給量と副産物の取り扱い

  CIP (Cleaning-In-Place: 定置洗浄) プラント

GEA の設計哲学

GEA はお客様と連携して、衛生的に最適化され、効率的でコスト効果の高い持続可能なプラントを設計します。また、膜ろ過、混合、バルブマニホールド設計などの関連技術を可能な限り最善の方法で統合します。 各プロセス作業は EHEDG (European Hygienic Engineering & Design Group : 欧州衛生工学設計グループ) および食品加工装置とコンポーネントの規制要件に従って、最高の基準を満たすように設計されています。

プロセス設計および工学

GEA は設計と設置プロセス全体にわたってお客様をサポートします。最適な装置レイアウトおよび既存の加工装置との統合を保証するための、検証段階で利用するための加工システムの 3 つの次元モデルを提供できます。

バルブ情報システムなどの簡易な I/O レベルの用途から、ERP システム向けの複雑な SQL データベースの実装までにわたる、ソフトウェア工学とプロジェクトの実施に対する GEA のアプローチは、既存のソフトウェアシステムとの円滑な統合を可能にします。

プロセス設計および工学

弊社はプロジェクト期間中ずっとお客様をサポートします。加工システムの 3D モデルは、お客様との検証段階で利用することができます。これにより、処理場の最適なレイアウトと、既存の加工装置との完璧な統合が保証されます。
 
バルブ情報システムなどの簡易な I/O レベルから、ERP システム向けの複雑な SQL データベースまで、GEA はソフトウェア工学とプロジェクトの実施に対する最新のアプローチを通じて、既存のソフトウェアシステムとの円滑な統合を可能にします。システムプラットフォームとアーキテクチャの最終的な選択は、お客様との緊密な協力の下で行われます。