チーズ製造用の膜ろ過

膜ろ過は、製品の品質とプロセスの効率を高め、収率とプラント生産性を向上できるため、チーズ製造業界では多数使用されています。従来のチーズ製造技術の代わりに膜ろ過を利用することで、この非常に競争の激しい業界において革新を進めることができます。

チーズミルク (チーズ用牛乳) の標準化

チーズミルクの成分は一定ではなく、牛乳の供給地や年間を通じた乳牛の餌の変化などの要因に左右されます。GEA の膜ろ過技術は、チーズミルクの脂肪とタンパク質の含有量を標準化するために利用できます。これによってチーズ製品毎に要求される脂肪とタンパク質の正確な含有量を満たし、牛乳成分のばらつきを補うことができます。これによってチーズ製造者は、年間を通じて同じ製造プロセスを利用することができ最終製品の安定した品質に自信を持つことができます。

チーズのプロセス

GEA の膜ろ過は、従来のチーズ製造技術の代替技術として使用できます。例えばミルクからのホエイの分離では、凝固剤を添加するしないにかかわらず収率を向上し、新製品開発の一つとしてチーズの物性を操作することができます。

チーズブライン (塩水) の清澄

ブラインは、さまざまな種類のチーズの保存処理に利用されます。このプロセス中に脂肪とタンパク質がチーズからブライン槽に排出されます。ブラインが酵母やカビにより汚染されてしまい、チーズの風味が損なわれたり、賞味期限に悪影響が及んだりすることもあります。ただし、ブラインの廃棄は費用がかかり、塩分量が多い場合はしばしば禁止されることもあります。GEA の限外ろ過 (UF) 技術は、実践的で環境的に持続可能な技術として、脂肪、タンパク質、カビ、酵母をブラインから分離することができます。このため、ブライン槽は化学平衡が保たれた状態で繰返し再利用できます。

チーズミルクの栄養価強化

ミルクの標準化と同様に、GEA の限外ろ過技術は、フィードするミルクの栄養価を強化し、チーズ製造に不可欠な脂肪とタンパク質 (特にカゼインタンパク質) の濃度を高める一方で、ラクトースなどの重要性の低い成分の割合を減らすために利用できます。これによりフィードの総量を減らし、プロセス前にホエイ側に排出される不必要な成分を除くことによって、チーズ製造者は下流プロセス (固定資産) の効率を効果的に向上することができます。栄養強化の度合いは、下流プロセスの生産能力に合わせて調整できますが、フィードミルクの脂肪とタンパク質を合わせた濃度は一般的に 25% までです。 

 

洗浄水、CIP および製品回収

GEA は洗浄水や CIP の薬液および残留製品の回収のために実績のある膜ろ過技術を提供します。これにより原材料の使用量が減りコストを削減すると共に、環境的に持続可能なプロセスをサポートし、付加価値の高い製品を生み出します。