飲料向け分離機

GEA の分離機は、柑橘系ジュースの脱油や柑橘油乳剤の分離に使用されます。

この GEA の分離機は、柑橘系ジュースの脱油と柑橘油乳剤の分離向けに設計されました。さまざまな方法で設計を変更できるため、幅広い分離作業に適用できます。製品は、製品を供給する特殊な上昇導水管を通って分離機ボウルのディスク積層に注入されます。上昇導水管の位置は、非常に清潔な状態で回収される液体の構成物質によって異なります。たとえば、油と水の混合物の場合、重い構成物質 (水) のときは、上昇導水管はディスクの内リム近くになります。しかし軽量の液体構成物質 (油) の場合は、ディスク周辺近くになります。どちらの構成物質も同等の純度で得たい場合、上昇導水管はディスク積層の中央になります。分離効率性と製品品質は、このようにして完璧に調整できます。この場合、いずれの液体相も圧力で排出されます。こういった目的のため、ボウル上部にはダブルの求心ポンプが設置されます。両方の切削ディスクが分離された液体相に投入され、液体相は圧力で排出されます。固体粒子沈殿物は、ボウルの固体保持スペースに入ります。この設計により、3 相分離が可能になります。自浄式ボウルを搭載した機器は、全自動 CIP 洗浄に最適です。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。