IBF シリーズ 自動粉末充填機

GEA のインライン粉末充填機は、容器 (袋、箱、ドラム缶) に食品材料、乳製品、栄養補助製品などを、最大 8 トン/h の生産速度で充填するように設計されています。

当社のインライン自動充填機シリーズは、柔軟性の高い粉末充填ソリューションとして設計されており、生産能力の強化による将来的な需要への対応が求められるプラントに適しています。 インライン充填機シリーズに含まれるシングルヘッドモデル (IBF-450) は、アップグレードによりシングルトップアップシステム (IBF-600) またはデュアルトップアップシステム (IBF-800) を含むことができ、生産能力を 8 トン/h まで強化できます。

粉末充填の自動ソリューション

最も確実で一貫した充填プロセスを実現できるように、GEA は完全な統合型の自動粉末充填ソリューションを提供しています。

柔軟性のある袋に製品を梱包する必要がある企業のお客様は、自動袋プレゼンターを一体型の袋封止システムとともに指定の充填システムに追加し、総合的な粉末充填と容器封止のソリューションを構成できます。


箱やドラム缶など他の容器形態の場合、GEA は容器の自動供給および処理装置の提供に応じており、装置は梱包の種類によって簡単に交換できる柔軟性を持ちます。

当社の全自動インライン粉末充填機は、統合型の制御システムとガードを装備して完成形となり、ガードは充填システムに連結され安全で信頼できる操作を可能にします。

当社は、お客様の操作スタッフと製品の安全性を最優先に考えています。 信頼される自動機能を実現する GEA のシステムによって、お客様は製品梱包から最終の容器に収納するまでの作業で高品質な製品を保護できます。

クラスをリードする OEE (overall operational effectiveness: 総合処理効率) レベルによって、お客様は、工場で所定の稼働率および約束された生産率を達成しており、自社製品が安全な環境で梱包されている、という安心感を得られます。

「粉末梱包システムの稼働状況を把握したい」と考えるお客様を念頭に、当社はイーサネット接続を充填機に装備して、お客様がプラントの SCADA システムに接続できるようにしています。 組み込み型のパフォーマンスレポートによって、お客様は粉末梱包システムのパフォーマンス状況を正確に把握し、プロセスを微調整してパフォーマンスを最大化できるようになります。

 

基本機能

インライン袋充填機シリーズには、メインの充填ステーションとオーガー粉末排出機能が含まれており、充填中に袋への粉末流を制御できます。

自動クランプによって、充填可能な状態の容器 (袋、箱、ドラム缶) を持ち上げます。 粉末が容器内に排出される際に、最終的な充填重量に達するまでヘッドが徐々に下がります。 この「ボトムアップ充填」プロセスによって粉末の乱れを最小限に抑えることで、粉塵の放出や結果的な製品ロスを減らします。

容器は充填位置から、余分な空気を粉末から除去する真空ステーションに自動で移動されます。 これにより、柔軟性のある容器では欠かせない最終的な梱包体積の低減が可能となり、充填した容器の積み重ね時の破損リスクを減らすこともできます。

生産能力を高めるために、二次的な充填ステーションを追加でき、6 ~ 8 トン/h への生産率向上に加えて非常に正確な最終梱包が可能になります。