メニュー

噴霧冷却器

GEA には、世界中の融液 (油、脂肪、グリセリンなど) の生産者に噴霧冷却器を供給してきた長い歴史があります。当社の供給品には、大量生産品および高度な特殊用途向けの噴霧冷却プラントが含まれています。

噴霧冷却による溶解物の粉末化

脂肪分やオイル、乳化剤など、溶解した食品成分を粉末にすると、取り扱い、輸送、摂取、保管が簡単になります。このような理由から、噴霧冷却(噴霧凝固)は便利な技術であり、粒子特性が厳密に制御される自由流動性粉末を生産する場合に食品成分業界全体で導入されています。

GEA では、量産品、およびさらに専門性の高い高度な用途に対して、噴霧冷却プラントを提供しています。当社の噴霧冷却技術は、酸化しやすい材料のマトリクスカプセル化や、管理リリースの応用にも使用できます。噴霧冷却に関して4つのプラントコンセプトがあり、これらは各製品仕様と特定の要件に適用できます。当社のエキスパートは、製品の本質的な一貫性を確実に実現するために必要なノウハウと経験を持っています。当社の噴霧冷却プラントは、衛生面で食品業界の厳格な要件を満たすように設計されています。これらのプラントは連続で稼働し、さまざまな製品の製造に使用でき、製品の急速な転換を可能にします。効果的なクリーニングとメンテナンスによってダウンタイムが最小限に抑えられます。

動作の仕組み

GEA spray congealing

このプロセスでの処理は、噴霧乾燥機と同様で、暖気ではなく冷気を使用します。溶解物が回転噴霧器または圧力ノズルを通って冷却室に入るので、それを並流モードまたは噴水モードのいずれかで処理することができます。ここでは、必須の粉末特性を実現するために、慎重に管理された条件下で細かい霧を冷やして固形にします。必要に応じて、望ましいレベルの凝固と結晶構造を実現するために、流動床により、冷却室の下にある多孔板から流れてくる冷気を利用して追加冷却を実施します。噴霧冷却器による柔軟な方法により、溶解物を粒径が最大500ミクロンの粉末に変換します。低速噴霧器を利用した噴霧冷却器で、最大2000ミクロンになる大きな粒子(顆粒)を作ることができます。

市場投入までの時間の短縮

当社は噴霧冷却の経験が豊富であり(1960年から100件以上の設備を構築)、処理効率とコスト効率が最も高い方法で粉末特性を確実に実現できるように、技術的アドバイスと工程ノウハウをご提供いたします。新製品の開発を希望しているお客様は、当社のテストセンターを利用して、実現可能性試験や工程と製品の検証を実施することができます。それによって工程のリスクを軽減し、市場投入までの時間を短縮して、製造をすばやく立ち上げることができます。

噴霧冷却器の応用

  • 乳化剤(蒸留モノグリセリド、プロピレングリコールエステル、モノグリセリド、ジグリセリド)
  • カプセル化された材料(例:カロテノイド、オメガ3オイル、オメガ6オイル)
  • 脂肪
  • ステアリン酸
  • ワックス

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ