脱気システム

さまざまなニーズに合わせた異なるプロセスバリエーション。

GEA は、粘度の低い製品から高い製品まで、小粒子から固体片を含むフルーツピューレまで、製品範囲全体をカバーする脱気システムのさまざまなプロセスバリエーションを提供します。

脱気 - 多くの目的と製品向けの 1 つの技術

  • 圧力容器に流入させる穏やかな接線製品による脱気システム

この方法ではせん断速度が非常に低くなり、あらゆる製造方法に適用できます。この方法は、無菌脱気と非無菌脱気の両方に使用できます。

  • 上部から圧力容器に流入させる脱気システムと製品

このバリエーションは主にガスを多く含む低粘度製品に使用され、この用途において高い脱気効果を発揮します。製品は特殊な調整可能カスケードバルブを通って上部から集中的に入っていきます。そのため、製品表面が広くなり、最適な脱気結果を得られます。

  • 底部から流入させる脱気システムと製品

このバリエーションは主にメディア粘度が低い製品を対象としています。製品が底部から圧力容器に入った後、マッシュルーム形状の製品分配器により、非常に薄い層になった製品表面に均等かつ均一に適用されます。製品の層は垂直方向に安定しています。そのため、互いに混ざり合うことはなく、最初に充填された製品は最初に脱気装置から出ていくことを意味します。

製品分配器は、製品供給パイプに柔軟に取り付けられて、製品が優しくスムーズにタンクに流れるようにします。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。

従来のシステムに比べて最大 80 % のエネルギーコストを節約

酸化で品質に影響を与えないようにするため、製品は真空脱気を経ます。泡の生成を効率的に防ぎ、不快な風味や匂い物質を減らします。また、ガスを除去することで製品の安定性を飛躍的に高めます。

製品の保存

組み合わされ、統合された単一段階でのアロマ回復プロセスでは、脱気中のアロマの損失を最小限に抑えます。液体のアロマ物質は、外部のステンレス製チューブ状熱交換器で凝縮され、製品に戻されます。

最適化されたプロセス

製品指向の温度と真空プロファイルを利用した飲料脱気装置の新しい製品通路により、エネルギーを大幅に削減でき、風味を不必要に失いません。

市場で一般的に使用される脱気技術との重要な違いは、フラッシュを固定するのではなく、入り口温度に従って製品に必要となる真空を適切に調整することです。

経済的な利点

このプロセスは、本質的に最終酸素含有量と風味の損失の間で最適なバランスを取り、冷却水、蒸気及び風味の節約につなげます。

当社の設備は、お客様の床面積に従って設計され、それに従ってすべての部品にはサービス及び清掃作業の際に簡単に手が届くようになっています。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。

製品脱気装置

液体食品産業では、脱気とは液体からの遊離ガスと溶解ガス (特に酸素) の真空誘導除去を表します。酸素を除去することは、最終製品の有害な変化を防ぎ、下流処理を向上させるために重要です。

ジュース及び飲料

製品脱気装置底部
製品脱気装置底部

GEA の製品脱気装置は、ほとんどの液体食品に利用でき、ジュース / 飲料産業でも牛乳 / 酪農産業でも、効率的な脱気と製品の優しい取り扱いを実現します。

ジュース及び飲料の酸素を取り除くことは、製品の賞味期限全体で製品品質を維持するうえで、唯一かつ最重要の要素です。空気 / 酸素の存在は、ビタミン C の分解 (1 mg の酸素は理論上 11 mg のビタミン C 損失に匹敵) を引き起こし、変色や強力な異臭の発生につながる可能性があります。

還元ジュース及びネクターに含まれる空気 / 酸素の原因は次のとおりです。

  • うまく処理されなかったジュース濃縮液または未処理の処理水
  • 浮遊細胞の追加
  • ポンプまたはパイプの漏れ
  • 混合タンクまたは撹拌機の不十分な設計

牛乳及び酪農製品

牛乳に含まれる空気は、輸送 / 撹拌に由来する遊離空気であれ、損傷したシール / ガスケットや正しくないプロセス設計に由来する機械的空気であれ、均質化の際にキャビテーションを引き起こすことがあります。いずれの原因も、GEA の脱気装置なら解消できます。

最終製品の酸素含有量は複数の原因に由来することがあるため、処理水から酸素を完全に除去したからと言って、最終製品に酸素が含まれないことにはなりません。他の製造ステップで再び「混入」する可能性があるのです。ただし、主要構成物質 (80 ~ 85 %) である再構成水 (処理水) の品質は、最終製品の品質に大きな影響を与えます。したがって、処理水の酸素含有量を可能な限り低い値に減らすことは、重要な検討事項です。

GEA の脱気装置は、遊離空気を除去できるほか、最終製品の溶解酸素をある程度まで取り除くことができます。装置の溶解酸素を除去する正確な機能は、製品の特性と脱気前に存在していた空気 / 酸素の量によって左右されます。1 ppm 未満の酸素含有量を実現できます (純水で測定)。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。