クリーンルーム用 Hycon 血液処理用浄化装置

GEA 浄化装置 Hycon はクリーンルームでの滅菌プロセス用に設計された 2 室システムであり、無菌プロセスで固体を高い濃度に凝縮できます。モデルによっては、低温で使用することもできます。

GEA 浄化装置 Hycon は、クリーンルームや低温に適用できます。

GEA Hycon では、無菌プロセスで固体を高い濃度に凝縮できます。チャンバ分離機と自動洗浄分離機の利点が組み合わされることで、医薬品業界の高い要件に完全に準拠しています。製品接触部と機械セクションが密封隔離されているため、経済的なクリーンルーム状態を用意できます。完全に閉じられた、蒸気滅菌システム (SIP) によって、滅菌プロセスも実行されます。製品を慎重に取り扱わなければならない場合は、密封排出口と、低速での慎重なボウル排出によって処理されます。最終製品で高い品質を得るために、処理室の衛生設備には最高レベルの表面品質が確保されています。つり下げ容器システムを使用して、お客様が固体処理を適応できます。この遠心分離システムにより、経済的な運用条件で高い製品品質を継続的に確保できます。

プロセスによっては、製品温度が上昇してはならない場合や、わずかに上昇してもよい場合があります。-3 から -6 °C という狭い範囲の温度に準拠することはプロセスにとって重要な点です。GEA 浄化分離機では、窒素による直接冷却により、Hycon でこれが実現されます。このシステムでは、+/- 1°C の誤差で製品温度を制御できます。