遠心分離器 3 相分離デカンタによる油の回収

オリーブ、ヤシ、他の植物原油を回収するうえで、デカンタは常に装置の心臓部となります。

3 相デカンタにより、オリーブパルプとヤシ油スラッジの一方または両方が、油、水、および固形物に分離されます。

この 3 相分離には、比較的多量の希釈水が必要です。オリーブ油の製造において、GEA ではオリーブ油の回収プロセスで出た排水を処理するための 3 相デカンタも提供しています。これらを使用すると、排水の量、その COD 値が削減され、搾油機で処理されたオリーブの量を基準とした油の収益は、さらに最大で 0.5 % 向上します。ヤシ油の回収の場合、当社の 3 相デカンタは、従来の用途および原油処理のセットアップで使用されます。

機能と利点

  • 高性能による最大の分離精度の実現とスループットのさらなる改善
  • 最適に差動速度が常時設定される
  • 常時フルトルクであるため常時最高性能
  • 長寿命で、可用性も最大
  • 操作も監視も簡単
  • 高い効率 – 償却も迅速
  • 製品収量が最大
  • GEA cetec technology、オリーブ油の回収で生産量が 1 ~ 2 % 増加