遠心分離器 2 相分離用デカンタによる油の回収

オリーブおよびヤシ油の回収における 2 相分離用デカンタの大きなメリットは、希釈水を多量に節約できる点です。

この特殊なデカンタは、1990 年代の初期、GEA によって開発されました。本システムを使用すると、希釈水を最大 90 % 節約することができ、排水もそれに応じて低減できます。環境保護および経済的な問題だけでなく、2 相システムは回収されるオリーブ油を経済上の観点から見ても印象的です。2 相システムの場合は、可能な最大のポリフェノール含有量を維持することにより、可能な最高の油の品質が保証されます。その味わいは強烈です。なぜなら、追加される水の量が少ないために、洗い流されてしまう香りや成分の量がはるかに減るからです。それと同時に、それらの油の保存可能期間も桁外れに長くなります。

また、GEA では、この分離方法をいわゆる ecod デカンタとしてヤシ油産業に発表しました。また、ヤシ油のために、本システムでは、優れた製品品質だけでなく、油の損失の大幅な低減と新鮮な水の要件、および非常に短い処理時間と大幅な環境適合性を兼ね備えています。垂直方向の浄化装置と汚泥タンクは必要ありません。そうすれば、処理時間がかなり減り、エネルギ消費も少なくなります。廃水の量は、処理済み果物の体積を基準として、25 % 未満まで減ります。これは、従来のプロセスで排出される量の約半分です。

従来のプロセスでは、有機的に非常に汚染された廃水の処理に、巨大な池が必要です。それらの池からは、温室ガスであるメタンガスが大量に放出されます。当社の ecod システムでは、池がはるかに小さいため、メタンガスの放出量はかなり減ります。

特長・メリット – オリーブ油の回収の場合

  • 希釈水の追加はほとんどの場合不要
  • 2 相プロセスで得られるオリーブ油には油の天然成分 (ポリフェノール) がすべて含まれており、油の味わいが強烈になる
  • 固体 / 水の混合物が比較的簡単に処理できる (ピット分離、水分離、オリーブオイル回収など)

特長・メリット – ヤシ油の回収の場合

  • 処理時間が非常に短い
  • 希釈水は実質上不要
  • 低エネルギー消費
  • 垂直方向の浄化装置と汚泥タンクがない
  • 池がはるかに小さくなる – メタンガスの放出量がかなり減る
  • 製品収量が増える
  • 最高品質のヤシ油
  • 栄養分のリサイクル
  • 有機肥料による FFB 製造の増加