メニュー

石油化学製品と有機化学品

精製所

多段の蒸気エジェクタは、石油精製所の蒸留塔でよく使用されます。

new-ejector-design-2

常圧蒸留後の原油は減圧蒸留塔に送られます。蒸留塔は多段蒸気エジェクタによって減圧されます。

  • ブースターエジェクタ (最初のエジェクタは蒸留塔に接続)
  • メインコンデンサおよび脱気ユニット (場合によっては蒸気エジェクタ付き)
  • 液封真空ポンプ

ジェット式真空ポンプは蒸留塔の減圧のため液封ポンプと組み合わせてよく使用されます。

この 2 種類のポンプの組み合わせは単純ですが、適切な制御システムを使用することで、冷却水、電力および駆動媒体の消費低減が可能です。

コンデンサはジェット式真空ポンプ間に設置されます。排出された蒸気と駆動媒体は凝縮されるため、液封真空ポンプでの処理量は削減されます。

GEA のジェット式真空ポンプはこのような用途に最適です。このポンプは大容量のガスを処理できるうえ保守の必要はほとんどありません。適切な材料選定によって腐食も防止できます。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ