最大限の触媒微粒子の除去 - 最大限の発電用燃料品質

燃料中の危険な触媒残留物は発電所オペレータに増大する課題をもたらしています。ほとんどの場合、燃料中の正確な触媒微粒子の濃度は不明だからです。この物質は非常にざらざらしているので、エンジンの損傷、または機械の故障すら起こすことがあります。この問題に対処するために、GEA は燃料から触媒微粒子を効果的に除去する革新的で持続可能な燃料処理技術を提供します。

GEA 触媒微粒子マスタによる効率的な燃料処理

ボタンのワンタッチで燃料から危険な触媒微粒子を分離する効果的なソリューションが  GEA  触媒微粒子マスタです。 触媒微粒子はエンジンを著しく損傷することがあり、極端な状況ではメインエンジンの全面的な障害を引き起こすことがあります。このため発電所での燃料処理は最重要ですが、新しい 触媒微粒子マスタはこの作業を極めて効率的かつ確実に行うことができます。システムは中核的な要素である分離器と、それぞれのプロセス要件を考慮して燃料油流が最適に調整されるようにする、プロセスの間に調節できる供給ポンプから構成されています。これによってさらに効率が上がり、また省エネにもなります。システムは新しい GEA  IO  制御システムとオプションの測定および分析装置によって完成されています。