耐用年数を伸ばし運用を最適化する効率的な潤滑油処理

ガスタービンやディーゼルエンジンの潤滑油は凝縮水、非常に微細な金属粒子、分解生成物によって絶えず汚染されています。潤滑油は継続的に精製してエンジンの摩耗の兆しを防ぎ、装置の最大限の可用性を保証しなければなりません。GEA 処理プラントは信頼性があって効率的なだけではなく、ロバストな構造が油田産業の要件に完全に準拠するように設計されています。

エンジンを保護し、処理費用を削減する

GEA 潤滑油処理プラントには自浄式分離器が装備されています。これは浄化を行い、バイパス流の潤滑油から水を除去し、不要などんな物質も確実に除去します。デリケートなエンジン部品の摩耗を予防するだけではなく、油の耐用年数を延ばし、それに従って運転装置の購入費用や処分費用が削減されます。

24 時間高性能でロバスト

当社の遠心分離器は高レベルの 重力 で動作し、1時間最大80立方メートルの高いスループット率でも最高レベルの分離精度を達成しています。最終的に、油処理プロセスの全自動制御を行う革新的なセンサシステムにより、それらは監督のない継続的な運転のために完璧に設計されています。お客様は高レベルのロバスト性、エネルギー必要量の低さ、省スペース設計など、当社の分離器の付加的な特徴から利益を得られます。