技術リーダーの遠心分離器による確実な排水処理

原油生産と掘削を行う間に、油で汚染された大量の排水が必然的に発生します。海の生態系を保護するために、この水は海に排出される前に法律で規定されたレベルまで油除去をしなければなりません。排水浄化を行う GEA プラントは確実にこれを行い、世界中の FPSO (Floating Production, Storage and Offloading System: 浮体式生産貯蔵荷上設備) や生産および掘削プラットフォームで使用されています。

柔軟な条件に対応する柔軟なシステム

排水は原油沈殿物を含む水層の下からの地層水、掘削泥または浄化プロセスから発生した水、雨水やあふれた海水の場合があります。これは水および油含有量だけではなく固形物量も大きく変化することがあるのを意味します。要件や形状によって当社は遠心分離器付き/なしのシステムを供給します。 

油や固体を効果的に分離する

当社の処理プラントの中核は回収された排水を最高レベルの分離精度で固形物、油相、浄化水に分離し、液体や固形物の濃度が変動しても確実に機能する自浄式分離器です。さらに、この分離器は船やプラットフォームの通常の変動を補正することができ、省スペース設計で爆発防護モデルとしても利用できます。当社は超混粒鋼などの耐食素材を使用して極めて過酷な作業条件を補っていますが、これは当社のプラントが油およびガス産業の各種設備での使用に最も適している理由の一つにすぎません。

追加部品

上流遠心分離器を使用し、特に高レベルな固形物を含む水を浄化できます。遠心分離器に加え、当社はプラントにプレヒータやポンプなどの補助部品も装備しています。

常に 15 ppm 未満

IMO (International Maritime Organization: 国際海事機関) のガイドラインに従って、水中の最大油含有量 15 ppm の純度は厳守しなければなりません。厳守して初めて浄水を迷うことなく海に送り返すことができ、環境も汚染されません。この目的で、油除去排水の GEA プラントは水相を監視する特別な油モニタを装備しています。油含有量が 15 ppm を超えた場合、水中油含有量が法規を満たすまで水はシステムに戻されて循環します。