ビチューメンからの原油の回収 ― GEA 分離器による安全で費用効果の高いプロセス

油を含む砂 (ビチューメン) からの原油と超重質原油の探索と生産、および後続の精製所でのさらなる処理はますます有益になっています。GEA の革新的なプロセスラインはビチューメンの生産で鉱油産業を支援し、柔軟性、信頼性、安全性に関して説得力のある論拠を提供しています。

初期の処理段階で、ビチューメンはお湯と溶剤で油砂から洗い流されます。その後、前処理した油、水、砂の混合物は、水、塩、沈殿物を確実に除去する GEA 遠心分離器を使用して数段階で処理されます。 

生産水の処理に分離器の使用も可能

当社の遠心分離器のさらに広範な用途の分野として、ビチューメン生産で生じた生産水の処理があります。それらは処理水を再利用可能な油相と油を除去した水相に分離します。処理された生産水は下流の水処理システムや環境に対する影響がかなり低くなっており、回収された油はプロセス全体の効率性を高めます。

継続プロセスでのビチューメン生産

鉱油産業の要件を満たしながら、当社の遠心分離器はその極めて簡単な運転、特別な素材で作られたロバストで交換可能な摩耗保護、高度な自動化という形のみで説得力のある論拠を提供しているのではなく、ユーザに高度な柔軟性も提供しています。遠心分離器は変化する水と固体の含有量に自動的に適応し、変化する油特性に対しても確実な運転を行い、継続的な運転で常に良好な分離効率性を保証しています。それらはまた、大量の流れを安全で効率的に処理し、原油の最大限の品質と最大限の生産量を達成しています。