環境に優しく低コスト : ビルジ水処理を行う GEA 装置

世界の海の傷つきやすい生態系を保護するために、ビルジ水は海に排出される前に法律で規定されたレベルまで油除去をしなければなりません。ビルジ水処理に使用される GEA の革新的なシステムソリューションはこのプロセスにおける最も厳しい仕様を正確に満たすだけではなく、オペレータに莫大な経済的利益も提供します。

IMO (International Maritime Organization: 国際海事機関) のガイドラインによると、汲み出された水の残留油含有量は 15 ppm (地域によっては5 ppm) の限度を超えてはなりません。当社の処理システムはそれに従って、要求値が安全で持続可能な方法で達成されるように設計されています。このプロセスにおいて、処理プラントの分離器はビルジ水からスラッジを自動的に除去しながら継続的に油と水相を分離します。この処理プロセスは残留油含有量を法的に要求されるレベルの 15 ppm 未満に確実に低減するために利用されます。さらに最大値 5 ppm を満たすために補助装置を使用することができます。

法的に定められた限度を守らせる油モニタ

当社は水相を監視し、油を除去した水の純度を確保する、特殊な水中油測定装置を使用します。水中の残留油の要求レベルを超えた場合、液体はビルジ水タンクに再循環され、環境要件を正確に満たすまで排出されません。

GEA 高性能分離器を使用する利点

高性能分離器を主要構成部品として装備する、ビルジ水処理を行う GEA プラントは油およびガス産業の要件に体系的に焦点を当てている広範な利点を提供します。このプロセスの結果として生じる処分費用の大幅な削減だけではなく、当社の分離器のエネルギー消費量の低さと省スペース構造によってオペレータの運転費用も持続可能な方法で低減されます。回収された油はオペレータによって様々な目的に使用でき、これによってさらに費用効率が高まります。

GEA 分離器は最高レベルの分離精度で大量の流量を処理します。船の動きですら分離効率に影響しません。システムはまた自浄式になっていて、ビルジ水の組成が変化しても運転を続けるので、監督のない運転にうってつけです。当社はプラントに耐食二重素材を使用するだけではなく、必要に応じて、IECEx に沿ってそれらを爆発防護設計で提供することができます。