精製所におけるエネルギー効率が高く安全な冷凍プロセス

巨大なコストという圧力があり、またエネルギー消費削減の必要性が高まる中で、精製所は効率性を高め、資源利用を最低限にするようになっています。GEA の圧縮機は、製品およびプロセスの確実で継続的な冷凍を保証しながら大幅な省エネを可能にすることで、この効率性と持続性の促進において貴重な役割を果たすことができます。ロバスト設計と ATEX 準拠は、GEA圧縮機は厳しい精製条件下で運用するために最適な設計がされており、爆発の危険にさらされているエリアでの使用が認定されていることを意味します。

最低限のエネルギー必要量で高い冷凍性能

改善されたガス流、効率的な操作弁、強力な駆動モータが GEA の半密閉圧縮機の特長で、 これらによって精製所の冷凍および凍結プロセスにおけるエネルギー消費を削減する理想的なソリューションとなっています。このエネルギー効率性は、変化する冷凍設備の要件を満たすように冷凍性能をスムーズに変更する、オプションの統合容量調節器によって、さらに向上させることができます。これによってフルトルクでの開始電流を低減でき、圧縮機にかかる機械的歪みが結果として減少するので耐用年数が延びます。

極限条件でのスムーズなオペレータ

爆発性ガスと極端な温度変動は精製所で遭遇する条件の特徴であり、これらの極限条件に耐えるロバスト技術が必要とされます。GEA 圧縮機は安定したバルブプレートシステムがあり、十分な油ポンプ注油が行われます。それらは ATEX 認定なので、爆発リスクエリア (ゾーン 1 および 2) での使用を認められています。塗装仕上げや電子部品、端子箱や最終圧縮温度を監視する熱防護サーモスタットなど関連するすべての部品は ATEX ガイドラインに準拠するように設計、立案されています。GEA 圧縮機は滑らかな運転、静かで低振動の動作、最適な信頼性、最高の安全基準への準拠も特長としています。

  • 精製所での製品およびプロセスの確実で継続的な冷凍を行う半密閉圧縮機
  • 効率性向上の鍵となる効率的な運転によるエネルギー費の低減
  • ロバスト技術を背景として極端な精製用途での使用のために装備
  • 爆発リスクにさらされているエリアでの使用を認められた ATEX 認定圧縮機