廃油および含油スラッジの処理

多数の機械を扱う産業セクターは、大量の廃油の貯蔵、輸送、処分が必要となりますが、これらは油を交換するたびに増加します。この廃油の処分には多額の費用がかかります。代替策として、GEA の遠心分離器を使用して廃油を有用資源に変換することができます。処理油は産業の特定のセクターで高熱量の 2 次燃料として使用するか、または潤滑油生産の基油として使用できます。これによって有用資源が節約されるだけではなく、費用も削減されます。

最大限の活用

waste oil

廃油は発生源や成分が異なるので、その水、油、固体の含有量もかなり異なることがあります。GEA の高性能デカンタ遠心分離器および分離器はどんな廃油分離要件に対しても適切なソリューションを提供します。

デカンタは主として固体含有量が多い場合に使用されます。自浄式分離器を下流に設置し、有用液相を研磨して微細固体粒子と水を分離することができます。この高度な分離によって、高額で処分するのではなく、発電の基油として販売できる油が生成されます。この浄化された廃油は、例えばセメント産業や冶金で燃料としての需要があります。工程中に生成される廃水には油が含まれなくなり、環境に対する影響を最小限にして処分できます。