プロセス産業における粉塵分離の世界的リーダー

排出制御は人類、動物、地球自体のための世界的な環境保護のマイルストンです。しかしプロセス産業にとってさらに重要なのは、公害防止という最も重要な部分の他に、濾過装置によって生産効率が高まり、性能保証がもたらされ、エネルギー費用を抑えられることです。

GEA はお客様の空質や集塵の課題に対して費用削減のソリューションを提供します。工業ガスからの塵の粒子を析出するために、GEA は以下の技術を提供します。

バグハウスフィルタ

バグフィルタは、ガス浄化のために塵の含有量を低くしなければならない多くの場合に選択される技術です。非選択的ベースで大きな負荷を除去する能力によって、バグフィルタは多くの用途で重要とされます。 

GEA の独自の低圧技術は特に大きなガス流の処理に適用されます。この技術は、それぞれ 8 メートルの長さに最大 1,150 個のバグが含まれている (セル毎で約 3,700 平方メートルのろ過面積に匹敵) 大型の複数コンパートメント設計のために最適化されています。必要とされるパルスエア装置は最小限です。これによって保守費用が低減され、初期投資が最小限になります。 

低圧バグフィルタはセメント、鉄鋼および非鉄冶金産業で稼働しています。 

上流プロセスで変化があった場合または低負荷の処理ガス粉塵が必要とされた場合、乾式集塵装置からバグハウスフィルタへの変更が必要になることがあります。GEA は繊維質フィルタ部品が既存の ESP ケーシングに設置されているレトロフィットのエキスパートです。

サイクロンおよび乾式電気集塵装置

  • サイクロンおよび乾式電気集塵装置
  • サイクロンは粉塵負荷が高い廃ガスの予備除塵に使用されます。

スクラバは飽和廃ガスの除塵に使用されます。GEA は各種用途に特別なスクラバを開発しました。

RFS (Radial flow scrubber: 半径流スクラバ) は調整可能な高効率スクラバで、特別に非鉄冶金産業の条件のために GEA によって開発されました。

この装置は必要な圧力低下を保ち、結果として、ガス量が変動する場合でも、均一なスクラビング効率を保ちます。 

製鋼産業においては環状ギャップスクラバが同じ機能を満たします。

WESP (Wet Electrostatic Precipitator: 湿式電気集塵装置)

WESP は飽和ガスから粒子とエアロゾルを除去するのに使用されます。これらは高い効率性で作動し、1 mg/ Nm3 未満の非常に低負荷の処理ガスに達することができます。通常、WESP はスクラバ下流に施工されます。