真空技術 サーモコンプレッサー

サーモコンプレッサーは実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、低圧蒸気排出量を削減するために使用されます。

低圧蒸気潜熱回収は最終的に省エネにつながります。当社のスチームジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

スチームジェット圧縮機は、蒸発、蒸留、冷却、結晶化、脱臭、脱気、真空乾燥に使用されます。

正圧の範囲で排出される圧縮蒸気を加熱に利用します (ヒートポンプ)。

運転モード

スチームジェット圧縮機は高圧蒸気流のエネルギーを利用して、低圧蒸気流を中圧レベルに圧縮します。

通常、そのようなスチームジェット圧縮機は、駆動・吸引流体としての水蒸気によって駆動されます。但し、スチームジェット圧縮機は基本的にいかなる蒸気によっても駆動可能です。

スチームジェット圧縮機は、運転条件を正確に一元化するように構築する必要があります。さもなければ、効率が落ちたり、全く動作しなくなります。その場合でも、スチームジェット圧縮動作方法をより良く理解するために、様々な運転条件における動作を考慮することが重要です。

 

利点

  • 大量の蒸気、特に高真空範囲で取扱いが簡単
  • 比較的シンプルな構造のため、投資コストが小さい
  • スチームジェット圧縮機として長い運転寿命
  • 適切な耐食材料で構築可能
  • 可動部がないために運転上の安全性が高く、低保守

これらの利点との関連で、他の圧縮機と比べて効率性の影響が小さくなります。負荷に応じて、適切な設計と目的で注文製作されるため、高い運転効率が得られます。