メニュー

錠剤コータ

錠剤コーティングの世界でパラダイムシフトを起こしたこの新しいタイプのコーティング装置では、錠剤がカスケード運動をするので、流体の投与速度を従来のコーティングパンより速める (コーティング形成速度を速める) ことができます。

さらに、PAT 互換で効率が良く (暖機および乾燥時間が従来のコーティング装置より短い) かつ信頼性が高く、錠剤の増量およびコーティングの噴射が矛盾せず均一です。また、本コーティング装置の作動速度および作動温度は市場の他の製品より優れているため、散布速度も速く、錠剤の混合も改善されます。さらに、現在の適用範囲を高分子塗膜およびそれを越える範囲まで拡張しつつあります。コーティング前に錠剤コアの除塵を実施することもできます。

コーティング用円筒内での錠剤の移動範囲が広がり、プロセス条件が拡張されてデザインおよび適用範囲が革命的なものになれば、少容量の ConsiGma™ コーティング装置は錠剤コーティングプロセスに集中し、スループットを上げて時間とコストを節約し、効率を向上させて高品質な最終製品を実現することができます。これらはすべて、連続プロセスに向けた意欲の基本的見地です。

また、GEA には従来の一連の流動床錠剤コーティング装置もあります。

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ