メニュー

制御およびフィードバックシステム

制御トップ T.VIS® V-1 / V-20

T.VIS® V-1 / V-20 は、フィードバックシステムと、オプションで最大 1.18 インチのストロークの線形プロセス用統合ソレノイドバルブを含む電気位置インジケータです。 モジュラ設計により、T.VIS® V-1 / V-20 はお客様特有の要件に合わせてカスタマイズできます。たとえば、ソレノイドバルブなし、ソレノイドバルブ 1 つ使用 (シングル動作アクチュエータ、バネ付き、V-1 のみ)、2 つのソレノイドバルブ使用 (ダブル動作アクチュエータ、バネなし、V-1 のみ) などにカスタマイズできます。

T.VIS V-1 および V-20 の利点

  • 自動化された終了位置プログラミング
  • ツールを使用したり、モジュールを開いたりせずに、簡単かつ安全に操作可能
  • モジュラ設計
  • プロセスバルブの手動操作が可能
  • 標準でオープンとクローズのフィードバック信号
  • 精度を設定可能
  • オプション AS インターフェイスおよび DeviceNet (T.VIS® V-1 / V-20)

指定用途

VESTA の空気圧や電気接続にはプログラム設定可能な制御モジュール T.VIS® V-1 (Tuchenhagen バルブ情報システム) が使用され (ストローク 10 mm 未満)、VESTA バルブの電気接続にはプログラム設定可能な制御モジュール T.VIS® V-20 が使用されます (ストローク最大 30 mm)。

制御モジュール T.VIS® V-1 を

  • ソレノイドバルブなしの電気位置インジケータとして、
  • およびソレノイドバルブ付きの制御ヘッドとして使用できます。

制御モジュール T.VIS® V-20 は、ソレノイドバルブのない電気位置インジケータです。

制御モジュール T.VIS® V-1 と T.VIS® V-20 は、基盤要素とキャップで構成されています。

基盤要素には統合されたパス測定機能が組み込まれており、キャップには必要な制御電子機器が組み込まれています。

制御モジュール T.VIS® V-1 が制御ヘッドとして使用される場合、ソレノイドバルブは特殊基盤に組み込まれ、空気接続部には基盤の外部からアクセスできます。 外部ホース接続を使用して、プロセスバルブに制御空気が供給されます。

位置インジケータについては、ソレノイドバルブターミナルなど、お客様によって提供されるソレノイドバルブによって空気圧バルブが動作することが想定されています。

T.VIS® V-20 の空気圧バルブ動作については、お客様によて提供されるソレノイドバルブ (ソレノイドバルブクラスタ) にアクチュエータが接続されている必要があります。

機能

制御モジュール T.VIS® V-1 と T.VIS® V-20 の機能は、キャップに統合されているマイクロプロセッサに基づいており、操作、視覚化に加え、高度なバルブ位置検出、制御、および評価用ソフトウェアなどが含まれています。 位置決め機能に組み込まれた電位差計または位置センサーによって、バルブのストロークが確認され、マイクロプロセッサにデータが送信されます。

プログラムが設定された後、位置インジケータはイルミネーション付きキャップの下にあるカラー LED によって、遠方から見えるローカルプロセスバルブのステータスを示します。 

ユーザーが選択した通信タイプに応じて、オープン / クローズ位置のフィードバックとエラーメッセージが、24 V DC スイッチング出力、あるいは 各 AS インターフェイスデータビットまたは DeviceNet データビットとして出力可能となります。、

プログラム設定中に、バルブの動作位置を定義するため外部ソレノイドバルブをアクティブ化することで、オープン / クローズの位置にプロセスバルブが移動されます。

制御ヘッドの T.VIS V-1 の場合、位置インジケータに関して説明したものと同じ方法でシグナリングが実行されますが、基盤要素に組み込まれているソレノイドバルブは、制御シグナルに従ってアクティブ化されます。 これらの制御シグナルは、マイクロプロセッサを使用して、またはユーザーの PLC を介した操作モードで、動かされているピストンのプログラム設定中に自動的に発信されます。 手動モードでは、キーを使用してソレノイドバルブをアクティブ化できます。これにより、プロセスバルブはオープンまたはクローズの位置まで移動します。

動作位置の自動プログラミングは、両方のバージョンで、キャップのキーを使用するか、外部制御シグナル (プログラミング入力値) によってアクティブ化することができます。

さらに、キャップのキーは制御モジュールのお客様特有のパラメータを設定するために機能します。

関連製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ