真空技術 多段式スチームジェット真空ポンプ

多段式スチームジェット式真空ポンプは、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、蒸発器、乾燥機、蒸留プラントなどで真空を生成するために使用されます。

当社のスチームジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

多段式スチームジェット真空ポンプは、蒸発器、乾燥機、蒸留プラント、精留、凍結乾燥、重縮合、脱気、脱臭プラントなどで真空を生成するために使用されます。

ジェットポンプの駆動媒体としての生成物蒸気の使用は、ポリエステル、ホイルおよび織物の生産においてますます重要な役割を果たしています。このように、GEA は生態学的効率と経済性によって特徴付けられる完全なクローズドシステムを設計しています。

運転モード

駆動液体として水蒸気を使用する多段ジェット真空ポンプは、最大 0.01 mbar の吸引圧および最大 200万 m³/h の吸引能力に対して構成されています。規定の吸引能力と吸引量の範囲内でジェット真空ポンプの様々な用途には制限がありません。このポンプを機械式真空ポンプと組み合わせることさえ可能です。

単段スチームジェット真空ポンプの圧縮比は制限されています (1:10、最大 1:20)。したがって、吸引圧が低い場合には、複数のジェット真空ポンプが直列に配置されます。駆動蒸気を可能な限り凝縮させるために、2 台のジェットポンプの間に凝縮器が配置されます。このように、完全なガス混合物の体積が得られるため、次の段階のエネルギー必要量が低減されます。

プロセスガスの圧力を 0.3 mbar から凝縮器圧力 56 mbar (すなわち、圧縮比 56:0.3% 187) に圧縮するには、2 つのジェット段階で十分であり、各段階での圧縮比は約 14 となります。吸引圧が 0.1 mbar の場合、圧力勾配は 56:0.1% 560 となるため、3 台のジェットポンプを直列に配置する必要があり、各ポンプは 1 段階あたり圧縮比 8.25 に対応する必要があります。スチームジェット真空ポンプの最大圧縮比は、吸引圧と利用可能な駆動蒸気の圧力によって異なります。

使用される凝縮器は水冷式混合凝縮器または表面凝縮器であり、個々のケースでは空冷凝縮器を使用する場合もあります。

抽出媒体が冷却水と接触することができ、かつ、凝縮液の回収が必要ない場合には、混合凝縮器を備えたスチームジェット真空ポンプが使用されます。

しかしながら、例えば、アンモニアとチョーク水が存在する場合、または凝縮生成物や駆動蒸気凝縮液を回収する必要がある場合などのように、冷却水との接触が許されない場合、混合凝縮器の代わりに表面凝縮器を使用する必要があります。

吸引圧が 6 mbar 未満のスチームジェットポンプでは、ヘッドと混合ノズルは設置位置に応じて加熱されます。このように、ポンプ内部の氷形成が回避されます。氷形成が回避されなければトラブルにつながる可能性があります。

スチームジェット真空ポンプが、融点の高い構成物 (例えば、カプロラクタム、オリゴマー、重縮合プラントにおける低重合体など) を含む蒸気の抽出に必要な場合は、より高い吸引圧にも対応できる熱ジャケットをおすすめします。融点が非常に高い流体を関与するプロセスでは、蒸気状または液状の Diphyl® 、高温耐性油、または他の任意の熱媒体流体によってエジェクタが加熱されます。

スチームジェット真空ポンプは主に水蒸気で作動します。水蒸気は簡単に入手でき、ジェットポンプの駆動液体としても十分に実証されています。製品凝縮液を水蒸気凝縮液によって希釈したり、水蒸気凝縮液と混合してはならない特殊なケースには、スチームジェットポンプは製品蒸気で作動されます。

スチームジェット真空ポンプは主に以下の様々な材料で製造可能です。

  • ジェットポンプの場合:鋳鉄、鋼、ステンレス鋼
  • 凝縮器の場合:鋼、ゴム鋼、またはエナメル鋼、ステンレス鋼、青銅や他の特殊合金。

金属材料が耐性を発揮できない用途では、スチームジェット真空ポンプに陶器、黒鉛、ガラスが使用されます。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い

多段式スチームジェット真空ポンプタイプ DPM1

混合凝縮器を備えた多段式スチームジェット真空ポンプは、内部から排気・排出されたガスが冷却媒体と接触できる用途 (例えば脱臭) で使用されます。

凝縮液の洗浄目的はこの用途に重要な要素ではありません。材料の選択肢に制限はありません (プロセスアプリケーションで未定)。

混合凝縮器は、内部分配ノズルおよび/または分配ノズルで構成されます。分配ノズルは、ほとんどの場合、汚染に敏感ではありません。混合凝縮液 (冷却媒体および凝縮液) は気圧に応じて排出するものとします。

冷却媒体とプロセス蒸気の接触が許容されない場合は、チューブ/シェル型熱交換器との表面凝縮をおすすめします。

 

多段式スチームジェット真空ポンプタイプ DPO1

表面凝縮を利用する多段階のスチームジェット真空ポンプは、内部から排気・排出されたガスが冷却媒体と接触することが許容されない用途 (例えば精製所内の真空蒸留、化学用途) 内で使用されます。

材料の選択肢に制限はありません (プロセスアプリケーションで未定)。

表面凝縮器は内部チューブで構成され、ほとんどの場合、冷却媒体はチューブ側にあります。バリエーションが可能です (チューブ側でのプロセス)。凝縮液は気圧に応じて排出されるものとします。

 

多段式スチームジェット真空ポンプタイプ PGV1

陶器・黒鉛製の多段式スチームジェット真空ポンプは、腐食性が高い蒸気 (例えばハロゲンガスの存在下) を内部から排気・排出するために使用されます。

標準的な炭素鋼は腐食するため、この用途に使用できません。

エジェクタに使用される材料は以下の通りです。グラファイト、ガラス、または陶器。

凝縮器に一般的に使用される材料:黒鉛。

凝縮ライン・配管用材料:プラスチック、陶器、ガラス